FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
恐竜や古生物の展示会 2019年の恐竜イベント情報を紹介します! 大分市にある大分県立美術館で国立科学博物館・コラボミュージアム in 大分 「とりになったきょうりゅうのはなし」 -OPAMに恐竜がやってきた!- 2019/02/02~2019/03/03
国立科学博物館とのコラボレーションにより、恐竜の展覧会を開催! 絵本「とりになったきょうりゅうのはなし」をテーマに標本や化石を展示。科博のタルボサウルスの全身骨格がやってくる!

■ 国立科学博物館・コラボミュージアム in 大分 「とりになったきょうりゅうのはなし」 -OPAMに恐竜がやってきた!-
  2019年2月2日~2019年3月3日
  大分県立美術館 (大分県大分市寿町2-1)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


新潟県の小千谷市にある「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たちに会いに行きました!
■ 駅についたら不思議な物体がお出迎え?!

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
小千谷駅に到着!

小千谷駅を降りたら目に入る不思議な物体? とっても気になりますが、それよりもまずは恐竜だ! 

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
何物?

駅前でタクシーに乗って「道の駅ちぢみの里おぢや」に連れていってもらいました!
・・走り出したタクシーはどんどん細い道を進む???

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
なぜか住宅地を走り抜ける・・・

■ 大きな道路に面していない道の駅?

道の駅という施設は高速道路のサービスエリアのように一般道を走るドライバーにトイレや休憩スペースを提供する施設をベースに、地域の農産物や特産物を販売する拠点と思っていたので、道の駅ちぢみの里おぢやにはびっくりする? というのは、まず大きな道路に面していない。メインは温泉の入浴施設。これにレストランと売店と恐竜がいる公園が付属している!

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
道の駅ちぢみの里おぢやに到着!

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち

温泉はなかなか評判のようでお客さんがたくさん来ていました。

温泉に入りたかったけれど時間はなかったので、せめて地元の食事を! このあたりはコシの強い「へぎそば」が名物です。

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
おすすめメニュー

■ いざ恐竜エリアへ!

建物の左奥の斜面に恐竜たちが見える! メインの建物の奥の山にあるのがちびっこ広場。しかし、ここに行くにはなかなかの急斜面! 恐竜像巡りには体力が必要だなぁ!

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
駐車場奥の斜面に恐竜が・・・

■ おお! ブラキオサウルス!

坂を登って最初に出会えるのが首を高く持ち上げたブラキオサウルス! 高さ6mほど。コンクリート製で体の左側に階段がついています。尻尾がすべり台に、体の中を通り抜けて遊べます。映画ジュラシックパークシリーズの一作目に出てくたブラキオサウルスのイメージかな?

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
ブラキオサウルス

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
尻尾がすべり台

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
胴体を通り抜けて遊べます

■ ヤングティラノサウルス?!

ブラキオサウルスからさらに上に登るとティラノサウルスに出会えます。

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
ティラノサウルス

ティラノサウルスは全長7mほど。上体を持ち上げ、尻尾を地面に着けて体を支えるレトロなゴジラスタイルです。

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
レトロスタイル

ティラノサウルスには登れないけれど体の前にはしごがあり、すぐ近くからティラノサウルスを見ることができます。目が大きくて若いティラノサウルスなのかな?

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
顔のすぐ近くまで接近できます!

コンクリート製で全体の造形も表面のウロコ表現も手作り感ありです。立っている場所が林の中で湿度が高めの影響なのか、ややコケが生えた感じで、ちょっとお疲れぎみ。洗ってあげたい!

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
コケが生えてる・・・

■ よ~く見たら他にも!

恐竜時代をイメージする植物のモニュメント、恐竜赤ちゃん・たまごもあります。たまごから生まれたのはイグアノドンなどハドロサウルスの仲間かな?

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
恐竜時代の木

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
恐竜たまご

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
イグアノドンかな?

恐竜たちがいる山の上から駐車場がある下に向いすべり台があり、何か描かれている?
錦鯉? 駅前にあった不思議な物体も錦鯉か!!!

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
イラストは錦鯉?

■ 駅前の不思議な物体の正体は錦鯉イメージの小千谷地下道!

調べてみたら、生きた宝石や泳ぐ芸術品と呼ばれる錦鯉(にしきごい)の養殖を始めたのが新潟県の小千谷市と山古志村らしい。

新潟県のホームページに「小千谷地下道の塗装工事が完了」の記事が出ていました。
「小千谷市のシンボルとして錦鯉が「小千谷市の魚(さかな)」に指定されましたが、塗装が古くなっていた小千谷駅前の錦鯉模様の地下通路の塗装を塗り替え、色も明るくなりました。交通事故防止のために必要な施設として昭和58年に整備されたものですが、小千谷駅前の玄関口にふさわしい錦鯉模様のシンボル的な地下道となっています。」

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
駅前の横断地下道が錦鯉!

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
マンホールも錦鯉!

■ 不思議その2 家の土台が高くない???

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
家の基礎がとっても高い?

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
まるで3階建・・なぜ?

このあたりには基礎を2~3m近くも高くしているお家がたくさん。冬はかなり雪が降るようですね。小千谷市は新潟県の中でも雪が多い地域で、観測記録を調べたら12月から翌年3月までに1日の最大降雪は84センチ、降雪を累計すると約8.5m! 雪が少ない所にしか住んだことがないので想像できない世界です!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


そんな小千谷でお客さんを楽しませている道の駅ちぢみの里おぢやの恐竜たち、次に会うまでお元気で!

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち

「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たち
また来てね!

(訪問したのは2018年10月です)
館長
新潟県の小千谷市にある「道の駅ちぢみの里おぢや」にいる恐竜たちに会いに行きました!

■ 施設名:道の駅ちぢみの里おぢや
■ 所在地:新潟県小千谷市大字ひ生甲1670-1
■ JR上越線・小千谷駅から1.2km
次はどの恐竜公園を偵察に行くのか?
皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、
館長のメールまでデジカメ写真と情報をください!
皆さんからの恐竜公園情報も待ってます!
公園の場所や名前も教えてくださいね。
情報はこちらへ

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像


関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2019年の恐竜イベント情報を紹介します! 富山県の富山市科学博物館で企画展「カラッから生物史-殻の化石の物語」 2019/03/09~2019/05/12
生き物が形作る多様な「殻」が物語る、生物の進化や地球の歴史について、館が収蔵している化石の標本を中心に展示して紹介!

■ 企画展「カラッから生物史-殻の化石の物語」
  2019年3月9日~2019年5月12日
  富山市科学博物館 (富山県富山市西中野町1-8-31)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2019年の恐竜イベント情報を紹介します! 豊橋市自然史博物館で 企画展「ヘビー級標本」 スーパーサウルス肩甲骨(長さ2.4m)登場! 2019/01/26~2019/03/03
博物館には、収蔵庫からほとんど動かすこともできず、あまり公開されてこなかった「ヘビー級の標本」が多くあり・・・スーパーサウルス肩甲骨(長さ2.4m)などが登場します!

■ 企画展「ヘビー級標本」
  2019年1月26日~2019年3月3日
  豊橋市自然史博物館 (愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238(豊橋総合動植物公園内))

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2019年の恐竜イベント情報を紹介します! 岐阜県関市の岐阜県博物館で ようこそ「新生代」の化石の世界へ 2018/12/08~2019/01/27
「新生代」は6500万年前に恐竜が絶滅した後、クジラやゾウの進化に代表されるように哺乳類が繁栄した時代。岐阜県を中心に周辺の地域から産出した新生代の化石約350点を独自の方法で展示し、多様な「新生代」の姿を紹介!

■ ようこそ「新生代」の化石の世界へ
  2018年12月8日~2019年1月27日
  岐阜県博物館 (岐阜県関市小屋名1989)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2019年の恐竜イベント情報を紹介します! 京都市の京都文化博物館 3階展示室で「Kyoto Art for Tomorrow 2019 特別出品:藤 浩志「ジュラ紀から受け継ぐ」」 2019/01/19~2019/02/03
子供たちからも見捨てられたプラスチックのおもちゃたちが、色鮮やかな恐竜となって蘇り、旧日本銀行京都支店を占拠! 旧日本銀行京都支店の京都文化博物館に美術家の藤浩志さんのおもちゃを組み合わせて作られた恐竜が出現!

■ Kyoto Art for Tomorrow 2019 特別出品:藤 浩志「ジュラ紀から受け継ぐ」
  2019年1月19日~2019年2月3日
  京都文化博物館 3階展示室 (京都府京都市中京区三条上ル東片町623ー1 高倉通)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 長野県長野市にある信州新町化石博物館で「おさかな大集合!~世界の魚類化石展~」 2018/11/03~2019/04/14
世界のいろいろな国から見つかった魚の化石や、長野県から見つかった魚の化石を展示

■ おさかな大集合!~世界の魚類化石展~
  2018年11月3日~2019年4月14日
  信州新町化石博物館 (長野県長野市信州新町上条87-1)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 茨城県坂東市の茨城県自然博物館で企画展「体験!発見!恐竜研究所 -ようこそ未来の研究者-」 2019/02/16~2019/06/09
200年の恐竜研究のあゆみに焦点をあてた企画展が開催されます! なんと一度に3体のティラノサウルスが現れるとか?!

■ 企画展「体験!発見!恐竜研究所 -ようこそ未来の研究者-」
  2019年2月16日~2019年6月9日
  茨城県自然博物館 (茨城県坂東市大崎700)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 北海道の三笠市立博物館で三笠市立博物館ボランティアの会の皆さんとの共同開催 企画展「北海道のアンモナイト ~セノマニアン編~」 2019/02/05~2019/04/14
アンモナイトがもっとも栄えた時代「セノマニアン期」(1億50万年~9390万年前)、三笠市立博物館ボランティアの会の皆さんがお持ちのアンモナイト化石が展示されます!

■ 企画展「北海道のアンモナイト ~セノマニアン編~」
  2019年2月5日~2019年4月14日
  三笠市立博物館 (北海道三笠市幾春別錦町1-212-1)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! つくば駅前のBiViつくば2階、筑波大学サテライトオフィスでミニ展示「パレオパラドキシアを復元してみた!」 2018/12/03~2019/01/31
筑波大学で保管されながらも60年以上にわたって忘れられていた1本の骨の化石が、ひょんなことからパレオパラドキシアであることが再発見! この化石の実物と、これを元にデジタル復元したパレオパラドキシアの全身骨格模型を展示!

■ ミニ展示「パレオパラドキシアを復元してみた!」
  2018年12月3日~2019年1月31日
  筑波大学サテライトオフィス(BiViつくば2階) (茨城県つくば市吾妻1-8-10)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用