FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
トイザらス 錦糸町店に恐竜が出現! という情報をいただきました!
トイザらス 錦糸町店に恐竜が出現! という情報をいただきました!

あちらこちらのトイザらスで動く恐竜が出現しているという話は聞いていましたが、実際の姿を見るのは初めてです。

お近くの方、トイザらス で動くティラノサウルスを体験してください!

トイザらス 錦糸町店に恐竜が出現!

トイザらス 錦糸町店に恐竜が出現!

トイザらス 錦糸町店に恐竜が出現!

〒130-0012 東京都墨田区太平4-1-2
オリナス モール2F
トイザらス 錦糸町店
(トイザらスでは店内の恐竜を探すラリーやプレゼント応募イベント、錦糸町店以外にも色々あるようです)

恐竜情報、ありがとうございました。
またお待ちしています!




テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


自然物と人工物が織りなす奇跡、現代版「驚異の部屋」 第4回 神保町ヴンダーカンマー に行ってみました。
館長
自然物と人工物が織りなす奇跡、現代版「驚異の部屋」 第4回 神保町ヴンダーカンマー に行ってみました。

■ 神保町ヴンダーカンマー
■ 会場:奥野かるた店 2階ギャラリー
 (東京都千代田区神田神保町2-26)
■ 期間:2018年7月14日~8月19日
  

第4回 神保町ヴンダーカンマー
東京の神田神保町
奥野かるた店が会場

第4回 神保町ヴンダーカンマー
ショーウィンドーに
ポスター発見!

2階ギャラリーに
色々な作品が・・・

第4回 神保町ヴンダーカンマー
へたかさんの
恐竜イラスト
2点ゲットしました!

作品まで完成させる情熱が素晴らしい!

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像


テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 茨城県つくば市のイオンモールつくばにティラノサウルスとトリケラトプスがやってくる! 2018/07/15~2018/07/16
USシネマつくば当日のジュラシックワールド半券、または、イオンモールつくばLINE公式アカウントメッセージの画面をご提示で参加無料。動く恐竜に乗ることができます!

■ イオンモールつくばにティラノサウルスとトリケラトプスがやってくる!
  2018年7月15日~2018年7月16日
  イオンモールつくば (茨城県つくば市稲岡66-1)

イオンモールつくばにティラノサウルスとトリケラトプスがやってくる!
近くなので、行ってきました!

イオンモールつくばにティラノサウルスとトリケラトプスがやってくる!
ちびっ子たちは
恐々乗っている?

イオンモールつくばにティラノサウルスとトリケラトプスがやってくる!
子どもサイズのティラノサウルス

イオンモールつくばにティラノサウルスとトリケラトプスがやってくる!
やっぱりちびっ子は
恐竜が大好きですね!

***** ***** *****


夏休みも近くなり、全国でいろいろな恐竜イベントが開催中。
皆さんの近くでも開催されていますよ。
行きたい恐竜イベントをこちらで探してくださいね!

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物の展示会 2018年の恐竜イベント情報を紹介します! 東京都の神田神保町にある奥野かるた店で神保町ヴンダーカンマー 2018/07/14~2018/08/19
自然物と人工物が織りなす奇跡、現代版「驚異の部屋」 第4回神保町ヴンダーカンマー開催! 今年のテーマは「メスとオス」 だそうです。

■ 神保町ヴンダーカンマー
  2018年7月14日~2018年8月19日
  奥野かるた店 2階ギャラリー (東京都千代田区神田神保町2-26)

■ その他の「恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!」はこちら



テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」 に行ってみました。もう1か月以上も前ですが・・・
館長
「最古の確固たる打製石器、最古の「デザイン」された石器、出アフリカを果たしたホモ・サピエンスの石器など、世界水準の資料を紹介し、石器テクノロジーの変遷から人類の進化史を辿る旅にご案内」 興味ありますねぇ・・・、ということで、会期中に行ったのですが、いろいろ忙しくて、紹介が今になりました!

■ 国際共同特別展 : 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
■ 会場:早稲田大学26号館(大隈記念タワー)
   (東京都新宿区早稲田鶴巻町516-1)
■ 会期:2018年5月11日~2018年5月31日

最古の石器とハンドアックス
デザインの始まり
に行ってきました
国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
早稲田大学26号館
大隈記念タワー

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
10階の会場に到着

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
結構にぎわっていました

■ 1.最古の石器 ■
260万年前の標本たち

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
オルドワン型石器の
世界最古の例

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
自然に岩が割れたものと
どうやって区別するの?

■ 2.最古のハンドアックス ■
~100万年前

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
初期のアシュール型石器

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
自然物とは
確かに違う感じ

■ 3.初期のハンドアックスとピック ■

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
このくらいまでくると
確かに石器人の道具の感じ

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
道具として使えそう

■ 4.石英の石器 ■

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
コンソ出土の石英の石器

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
石英を石材として
利用していたんですね

■ 5.技術の発達 ■
140万年前~

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
石核調整技術の進展

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
横から見ると
かなり薄くなった

■ 6.ハンドアックスの洗練化 ■
100万年前~

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
薄く整ったハンドアックス

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
切れ味よさそう・・

会場にはこれらの石器と同じ時代の人類たちの頭骨化石も展示されていました。石器の歴史が人類の進化の歴史なんですね。

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
ガルヒ猿人
270万~250万年前

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
ホモ・ハビリス
240万~170万年前

石器の製法としては・・・
オルドワン石器伝統
260万年~近代まで

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
ホモ・エレクトス
180万年~100万年前

アシューリアン石器伝統
175万年~15万年前ごろまで

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
ホモ・ハイデルベルゲンシス
70万年~30万年前

ルヴァロア技法
50万年前ごろから4万年前まで

■ 7.巨大化、シンボル化 ■

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
巨大な石器や
美しい石器が作られる・・・
どんどん芸術的になっていく・・

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
ネアンデルタール人の石器・槍先

ネアンデルタール人まで来ると、
石器使ってヤリを作っている!! 

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
ネアンデルタール人の槍先
柄を取り付ける窪みがある

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」
衝撃剥離の跡がある槍先

ヤリが獲物に刺さった衝撃で
石器(刃)の一部が欠けるらしい・・・

これが生きものを狩猟していた
証拠なんですね!

■ 8.最古のホモ・サピエンスの石器 ■
16万年前

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」

■ 9.「出アフリカ」の人々の石器 ■
8万年~10万年前

国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」

人類がアフリカから全世界に拡散し始めた時代に、彼らが持っていた道具たち。この道具を携えて人類の歴史が加速するんですね。

今回の石器の中で
一番気に入った石器がこれ!
国際共同特別展 「最古の石器とハンドアックス デザインの始まり」

恐竜も好きなんですけど、この手の遺物も好きなんです。なかなか楽しい見学でした。

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像


テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


国立科学博物館で開催中の企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」に行ってみました! 旧石器人の生態復元に会えるかな?
館長
先日、沖縄県立博物館・美術館に行く機会があり、そこでも湊川人などを見たんですが、再び東京で見れるチャンスなので、楽しみにしてました。

■ 企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
■ 会場:国立科学博物館 (東京都台東区上野公園 7-20)
■ 会期:2018年4月20日~6月17日


企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
企画展の入口
(洞窟みたい!)

旧石器時代のものだけでなく、現在の沖縄の珍しい動物の標本も届いていました。

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
リュウキュウヤマカメ

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
ヤンバルクイナ

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
ケナガネズミ

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
イシカワカエル

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
ハブ

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
イリオモテヤマネコ

ヤマネコなので、もっとも大きいと勝手に思ってたけど、イリオモテヤマネコは普通の猫くらいの大きさなんですね。

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
山下町第一洞穴人骨
断片的だが。日本最古の人骨

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
湊川フィッシャー遺跡の模型
沖縄でも見たなぁ・・

地面の割れ目に
落ちた動物や旧石器時代の人が
化石として発掘されるんですね。

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
沖縄で見つかった
貝製の三日月型の釣り針
(2万3千年前))

貝を三日月型に
砥石で加工して、
ヒモに結んで釣りをしていたとか。
この釣り針で魚を採っていた?!

見たかった旧石器時代人の復元たち!

湊川人は2万年前まで沖縄に住んでいた旧石器時代人で、港川フィッシャー遺跡で全身骨格が発掘された、日本の人骨の中で最も古いもの。全身骨格があるので、生きていた時の姿も、法医学的に正確に再現できるようです。

それでも学説により再現する時のポイントが違うので、復元した時代や研究者によって姿かたちが結構違います。

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
湊川1号頭骨からの・・・

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
湊川人の復元
沖縄県立博物館・美術館

湊川人復元
2014年
沖縄県立博物館・美術館
企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
お土産に
オオウナギとモクズカニを
捕まえたよ!

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!

旧石器時代人といえば、初め人間ギヤートルズみたいに、マンモスなどの大型哺乳類を狙った狩猟生活のイメージがありますが、海が近かった沖縄では、モクズカニやウナギなど海のご馳走をたくさん食べていたとか。

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
白保4号
復元像

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
2007年復元
国立科学博物館の
日本館常設展示の
湊川人夫婦

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!

沖縄県立博物館・美術館には2種類の復元像がありましたが、科博では日本館の常設展示されている湊川人の夫婦像も見れます。

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
2007年
湊川人
沖縄県立博物館・美術館
(沖縄に行った時に撮影)

企画展では湊川人の親子がカニやウナギを捕っているアニメも上映されています。
YouTubeでも見れるので、埋め込んでみました。
旧石器人の日常がちびっ子にもわかりますよ。


サキタリ洞むかしばなし 第1話


サキタリ洞むかしばなし 第2話


サキタリ洞むかしばなし エピローグ

企画展会場には白️保人の全身骨格も1体来てました。

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!

別の説明パネルによると当時は風葬や鳥葬?なのか遺体を埋葬するのでなく特定の場所に置いて自然に任せる葬儀が行われていたらしいことも分かったそうです。

日本の土壌は酸性の場所が多く、人骨も分解されてしまうので、先史以前の人骨化石は発見される可能性が低いんですね。でも沖縄は石灰岩が多く、洞窟や岩の割れ目から人骨が見つかる貴重な場所。その一方で旧石器時代の道具類など人が暮らした痕跡がなかなか見つからないのが沖縄の不思議と言われていたようですが、最近は当時の動物の化石や、それらを当時の人が食料にしていた証拠(動物の肉を石器を使って食べた時に骨に残る傷:カットマーク)や、食べた後の骨や殻が見つかり、旧石器時代の人達の暮らしがだんだん分かってきているんですね。

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
カットマークが
見つかった獣骨

企画展 沖縄の旧石器時代が熱い!
科博の中には
関連展示もあるよ!
という案内

科博の企画展はそんなに大きくない会場なので、展示された標本の数は多くありませんが、太古の世界に思いを馳せる楽しい展示会でした。

・・・ そういえば、先日行った沖縄県立博物館・美術館の訪問記をアップするの忘れてた!


■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像


テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


早稲田大学の大隈記念タワーで開催されている「直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~」を見に行きました。直良信夫さんの生きざまを知り、直良信夫さんにはまってます!
館長
早稲田大学の大隈記念タワーで開催されている「直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~」を見に行きました。直良信夫さんの生きざまを知り、直良信夫さんにはまってます!

■ 直良信夫展
  ~再発見された遺産は語る~
■ 会場:早稲田大学26号館(大隈記念タワー)10階125記念室
  (東京都新宿区早稲田鶴巻町516-1)
■ 会期:2018年2月26日~2018年3月26日

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~
直良信夫展
~再発見された遺産は語る~

直良信夫さんは、早稲田大学理工学部の教授だった人で、早稲田大学を退職するときに化石コレクションを大学に寄贈したそうで、それらが今回、展示されています。

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~
これが早稲田大学だ!
という建物

中学生の時に
早稲田大学の中の
クラシックギターの
コンサートに
来たなぁ・・・

総長 大隈重信像
直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~

直良信夫展は
26号館・・・

ありました
直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~

会場は
10階の125記念室
直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~

入場無料!

部屋に入ると
いきなり
メイン展示!

明石人の腰骨の化石!
直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~

この化石(複製)は直良信夫さんが1931年に兵庫県明石の西八木海岸で見つけた旧石器時代のものと思われる化石人骨で、「明石原人」として大騒ぎとなった化石らしいです。でも発見当時の直良信夫さんは、今でいうアマチュア研究家だったので、学会の大御所たちからは無視されたらしい・・・。

直良信夫さんは鑑定してもらうために東京帝国大学の研究者に化石を送り、そこで化石の石膏模型が作られたが鑑定結果は出なかった。実物化石は直良信夫さんに返却されたが、1945年の東京大空襲でほかのコレクションとともに焼失してしまった。

東大で作られた石膏模型は、しばらく東大人類学教室の陳列戸棚で忘れられていたが、1947年に複製が再発見され、東大理学部人類学科の長谷部言人教授が北京原人よりも古い時代の人類化石だと結論づけた・・ただし、当時、実物化石はすでに焼失していたため、詳細な研究ができずに、疑問を呈する研究者も多かったとか・・。

この展示品は「明石人骨 複製 個人蔵」とあるので、東京帝国大学で作られたあの複製なのかな? その後の研究で、直良信夫さんが見つけた化石は「原人」かどうかは不確かなので、最近は「明石人」と呼ばれているそうです。

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~

直良さんの活躍は日本統治時代の中国や朝鮮での発掘もあり、その時に採取された化石も多くあるそうです。

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~
朝鮮で採取した化石
ゴンフォテリウム科

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~
台湾で採取した化石
トウヨウゾウ

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~
台湾で採取した化石
ステゴドン科

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~
香川県で採取した化石
ナウマンゾウ

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~

直良信夫展で買った展示解説書を読んでから直良信夫さんにはまってしまい、直良信夫さんに関する本を買って読んでます。

直良さんが生きていた時に、直良さんが「明石人骨」を発見した海岸の再調査の話があった時、発見からたった50年なのに、波の浸食で海岸線から20mも先の沖合海底になっていたことを知り、波の浸食ってそんなに早いんだとビックリしました。まだまだ知らないことがたくさんあるなぁ・・・。

直良信夫展 ~再発見された遺産は語る~
明石人骨が発見された
当時の海岸
(モノクロ写真に彩色)
この崖が50年後には
沖合20mになるなんて
自然の力って凄いですね。

直良さんが発見した「明石原人」は最近では原人というほど古くないので「明石人」と呼ばれたり、栃木・葛生で発見した「葛生人骨」はクマの骨や新人骨の誤認だったなど、直良さんが研究していた当時はインターネットもなかったし、大学などの研究機関も使えなかったことを考えると、「やむなし」という感じですよね。

現在であれば中学を卒業した年齢で上京し、働きながら夜間高校を卒業、当時は不治の病だった結核にもかかり退職・療養を余儀なくされたのに研究を続けたこと。発表した研究成果が「素人の研究」という理由でたびたび黙殺されたこと、コツコツ集めた大事な研究成果や標本を東京大空襲で焼失するなど、何度も苦難がありながら早稲田大学の教授になるなど、意欲を失わないメンタルの強さにあこがれるなぁ・・・。これが一番の感動ポイントですね。

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像



テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


先日、上野の国立科学博物館で開催されている南方熊楠生誕150周年記念企画展「南方熊楠-100年早かった智の人-」を見ました。生き方にコレクターとして憧れます!
館長
上野の国立科学博物館で開催されている南方熊楠生誕150周年記念企画展「南方熊楠-100年早かった智の人-」を見ました。生き方にコレクターとして憧れます!

■ 南方熊楠生誕150周年記念企画展
「南方熊楠-100年早かった智の人-」
■ 会場:国立会科学博物館 日本館 1階
■ 会期:2017年12月19日(火)~2018年3月4日(日)

南方熊楠さん(1867/5/18生~1941/12/29没)てご存知ですか? 自然史、民俗学など幅広い分野で資料を収集した人物。

私は恐竜おもちゃを集めていますが、コレクターの自問自答「なぜ集めるのか?」を研究していたときに知のコレクターとして有名な荒俣宏さんの本の中で紹介されていたのが南方熊楠さん。いったいどんな人だったのかとっても興味がありました。

上野の国立科学博物館で、南方熊楠生誕150周年記念企画展「南方熊楠-100年早かった智の人-」が開催されてます。企画展なので、国立科学博物館の入館料だけで見学できます。

南方熊楠-100年早かった智の人-
会場の入り口

南方熊楠さんといえば、日本の博物学者で、大量に菌類を採取して何千もの標本を集め、番号をふって蓄積した人。知識欲が半端でなく、膨大な書籍や論文を読み、自分のノートにびっしりと細かい字で書き写し、自分用の資料にしていた驚異の人。集めた資料を元に考えをまとめ発信しましたが、学術論文よりも様々な書籍に投稿していた、現代であればコレクターであり、コラムニスト。私も規模は小さいですが、恐竜のおもちゃ分野を集め、記録して、ホームページなどで情報を発信しているので、南方熊楠さんの生き方にコレクターとして憧れます!

南方熊楠-100年早かった智の人-
ロンドン抜書

ロンドン滞在時代に英国自然史博物館に入り浸り、大量の蔵書の中から気に入った情報を書き写したもの。

コピー機やデジカメがなかった時代なので、情報のコピーが欲しければ自分で書き写すしかない! 実に細かな字でノートいっぱいにビッシリ書き込まれています!

南方熊楠-100年早かった智の人-
田辺抜書

帰国し、和歌山の田辺に戻った時代も、資料の書き写しは続いていた。

南方熊楠-100年早かった智の人-
南方熊楠が採集した
菌類資料の実物

南方熊楠-100年早かった智の人-
集めた資料はキレイに保管

南方熊楠-100年早かった智の人-
資料は紙の小箱に入れ
名前や採集地の情報が
記録されている!

南方熊楠-100年早かった智の人-
集めた資料を基に
菌類図譜という
情報カードを自作していた!
その数4000点!

実は絵は
そんなに上手くない?!

南方熊楠-100年早かった智の人-
デジカメがない時代
採取した時の
鮮やかな状態を記録するには
自分で絵を描くしかない!
日本がの道具を使って
自ら描いたのです

南方熊楠-100年早かった智の人-
完成させた大量の菌類図譜
標本をカード情報化
標本にはF0000と
番号がつけられています

日記の巻末に自作の一覧も作っていて、F4785まで書かれています。晩年も採集意欲は衰えず、F5020まで番号だけ振ってあったそうです。

南方熊楠さんは学者ではなく、すべてのことを知りたい、集めたいという欲求が活動のエネルギーだったみたい。研究成果は論文発表や学会発表をしていないので、正式な学名がついていないものも多い。学者でなくコレクターなんですよね。

南方熊楠-100年早かった智の人-
昭和天皇にレクチャーする
機会に資料をキャラメル箱に
入れて持参した!

南方熊楠-100年早かった智の人-
南方マンダラ

集めた情報から新たな情報を発信する時の情報関連図。集めた膨大な情報の中から、発表したいテーマに沿って関連する情報のタイトルを書き並べ、これで原稿の流れを整理したんでしょう。

南方熊楠-100年早かった智の人-
原稿が載った雑誌

原稿の投稿先は学術誌でなく、一般の人が読むような様々な雑誌にチャレンジしたようです。でもあまり採用されずに挫折の日々だったよう・・・。

南方熊楠-100年早かった智の人-
今回の企画展はチラシのほかに小冊子がありました。「欲しい」と言った人にだけ配布されています。もちろんゲットしました!

・・・・・


「全てのことが知りたい!」 「資料を集めて、記録し、分類し、整理し、それらを元に新たな情報を発信する!」 私も恐竜おもちゃを集めてるけど、量も気合いも比較にならない。でも、その生き方に憧れます!

精神の安定のために収集していたという点も共感できるなぁ。コレクターは楽しくてを過ぎると義務感で、半ば病的に集めますから、分かる気がします。

・・・実はこの企画展を見るまで、南方熊楠を「みなみがた くまぐす」と読んでいた。「みなかた」さんが正解でした。恥ずかし~!

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像


テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


神保町の奥野カルタ店で開催されている第3回 神保町ヴンダーカンマーに行ってみました。お目当ては丹波竜焼?!
館長
神保町の奥野カルタ店で開催されている第3回 神保町ヴンダーカンマーに行ってみました。お目当ては丹波竜焼?!

■ 名称:第3回 神保町ヴンダーカンマー
■ 会期:2017年7月22日~2017年8月20日
■ 会場:奥野かるた店2階
    (東京都千代田区神田神保町2-26) 

ヴンダーカンマー:驚異の部屋は、15世紀から18世紀にかけてヨーロッパで貴族たちが競って作った様々な珍品を集めた博物陳列室。神保町ヴンダーカンマーは小田先生と株式会社キウイラボが主催者で、自然物と人工物が織りなす奇跡、現代版「驚異の部屋」!

会場の奥野カルタ店
第3回 神保町ヴンダーカンマー

これが目的の
第3回 神保町ヴンダーカンマー
第3回 神保町ヴンダーカンマー

その名の通り、生き物に関する珍品奇品がたくさん! 第3回神保町ヴンダーカンマーのテーマは「ケモノ」で、22組のクリエイターと研究者がコレクション・作品・グッズを並べています。入場無料。

第3回 神保町ヴンダーカンマー

第3回 神保町ヴンダーカンマー

館長はここで販売されている「丹波竜焼」を目当てに行ってみました。 

「丹波竜焼」って何だか食べ物のような名前ですが・・・。

これこれ!
第3回 神保町ヴンダーカンマー
ありました!

第3回 神保町ヴンダーカンマー

「丹波竜焼」とは、兵庫県丹波市山南町で発見された丹波竜の頭骨化石のミニチュアを陶器で作ったもの。地域おこし協力隊の荻野慎諧(しんかい)さん達が企画し、2016年12月の丹波竜フェスタで初めて販売されました。兵庫県立人と自然の博物館(三田市)の三枝春生主任研究員が手掛けた3Dデータを基に緻密に再現された陶器の頭骨ミニチュアで、丹波市山南町の陶芸家、板野正幸さんが焼き上げたそうです。

地元の高校生が販売を担当した丹波竜フェスタに行きたかったけど遠くて行けなかったので、神保町ヴンダーカンマーで扱われると聞き、ゲットしました!

第3回 神保町ヴンダーカンマー

全長7センチの小振りな頭骨ですが、なかなか良い雰囲気です。篠山層群の土を使って釉薬が作られていて、土壌の鉄分が美しい青色を浮かび上がらせているのご美しい。

陶器製なので大事に扱わないと割れちゃいそう。大事にしようと思います!

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像


テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


2017年の夏、メッセで開催されている最大級の竜脚類、尻尾をかじられたティラノサウルスたちが目玉の「ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-」を見に行きました!
館長
2017年の夏、メッセで開催されている最大級の竜脚類、尻尾をかじられたティラノサウルスたちが目玉の「ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-」を見に行きました。混んでるかなぁ?

■ 名称:ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-
■ 会期:2017年7月15日~2017年9月3日
■ 会場:幕張メッセ (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)


幕張メッセで開催中のギガ恐竜展を見に行きました。大きな恐竜をテーマとした恐竜展で、38mもあるルヤンゴサウルス、ティラノサウルスが共食いをしていた証拠として考えられている愛称ワイレックスなどワクワクしますね。

入った第一印象は通路が広い! 夏休み、幕張メッセの恐竜イベントといえば、すごい人数のお客さんが押し寄せるので、安全性も考えて広くなっているのでしょう。

見に行った日は
奇跡的にガラガラ!
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-
でも見通しがきくから
目移りして困る!

ワクワクした恐竜たちを
ランダムに紹介しましょう。

レドンダサウルス
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

コエロフィシス
集団産状化石
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

日本初公開
中国のアンキロサウルス
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

定番のディメトロドン
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

コンカベナートル
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

シエンシャノサウルス
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-
日本初公開!
充分大きいけど
最大の恐竜は
これではない・・・

デイノニクス
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-
どこかで
お会いしましたよね・・・

ペレカニミムス
羽毛モフモフ・・・
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

ツルツルバージョン
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

全長約38メートルの
超巨大竜脚類
ルヤンゴサウルス
日本初公開!
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-
巨大な背骨!
写真の左端の
人物の大きさと比べてみて!

部品が大きすぎ
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

写真を加工して
ようやく
1枚に収まった
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

確かにデカイ! 嘘のように大きいです。でも大きすぎて大きさがが実感しにくい?! 遠くから見ないと全体が見えません! 本当にこんなに大きな生き物が生きて、歩いていたんだろうか? 恐竜時代の地球は重力が小さかったのか? 今さらながら信じられないなぁ。

中国の赤ちゃん竜愛称ベイビー・ルイの実物化石を日本初公開!

ベイベイロン・シネンシス
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

復元すると
こんな感じ・・・
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

尻尾を仲間のティラノに食いちぎられた愛称ワイレックスも日本初公開

ワイレックス
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

この恐竜展は日本初がてんこ盛りだ!
日本の恐竜コーナーもあって、ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館コラボでラインナップされているコシサウルス、フクイベナートルも来ていた!

フクイベナートル
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

たくさん並んだ
恐竜たちに
勝手にランキング
展示の中から
館長の好きな恐竜を決定!

第3位
アロサウルス(骨格)
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

定番の肉食恐竜ですが、近くに寄って見上げられるギリギリの巨大サイズ。体全体のバランスも良いねぇ。安心します!


第2位
アクロカントサウルス
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

全長️12m、凄い迫力。ティラノサウルスに比べて人気が低すぎる!


第1位
福井の恐竜時代の
ジオラマ
ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

本物化石や巨大なレプリカが立ち並ぶなか、何を見に来たんだ!と主催者から叱られそうですが、何といっても模型が好きなんだから仕方ない!

と言うことで、お土産コーナーで図録と荒木一成さん原型の恐竜おもちゃを買って帰ります。2017年夏の恐竜展、ひとつ目の訪問記でした。

ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像


テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用