FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
恐竜に会える博物館・科学館(北海道) に 北広島市エコミュージアムセンター 知新の駅 を追加しました!
恐竜に会える博物館・科学館(北海道) に 北広島市エコミュージアムセンター 知新の駅 を追加しました!

 常設展示コーナーに地、地層・化石などの自然史についての展示品や北広島市で発見されたキタヒロシマカイギュウの全身骨格、北広島市にゆかりのある3人の先人について紹介する郷土史の資料などが展示されています!

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜に会える博物館・科学館(兵庫県) に 太古の生きもの館 を追加しました!
恐竜に会える博物館・科学館(兵庫県) に 太古の生きもの館 を追加しました!

 白亜紀前期)の地層・篠山層群から見つかった化石に親しめる施設・太古の生きもの館が2017年4月1日にオープン! デイノニコサウルス類(獣脚類)の恐竜の模型が展示されます。

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


国立科学博物館 筑波研究施設 自然史標本棟「見学スペース」11/13から公開!
茨城県つくばにある国立科学博物館の筑波研究施設、自然史標本棟「見学スペース」が11/13から公開開始。

つくばにある国立科学博物館「自然史標本棟」には動物や植物、岩石・鉱物や古人骨標本などが収蔵されています。11/13から公開される「見学スペース」は、自然史標本棟の1階で、クジラやゾウなどの大型動物の骨格標本をガラス越しに見ることができます。また、棟内の別のフロアおよび敷地内の収蔵施設、当館の研究活動についても、映像やパネルで紹介とのこと。

筑波山の紅葉と一緒に楽しんでみてはいかがですか。

筑波実験植物園に入場すると自然史標本棟の見学スペースを見ることができます!

独立行政法人 国立科学博物館
筑波研究施設 標本資料センター
茨城県つくば市天久保4-1-1
電話:029-853-8901

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


6/21 富山市科学博物館に行きました!
富山市科学博物館の古生物に会ってきたよ!

大きなナウマン象がいたよ。


動くティラノサウルスもいますよ。

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


4/30 静岡県 袋井の鈴木さんが化石資料館オープン 貝中心に5000点展示
袋井の鈴木さんが化石資料館オープン 貝中心に5000点展示(中日新聞)
記事はこちら

「32年にわたって化石の収集や研究をしている袋井市新屋の鈴木政春さん(63)が、同市国本の旧東海道沿いに「スズキ化石資料館」をオープンさせた。地元の化石を中心に約5000点を展示」ってすごいですね。

鈴木さんが作った資料館は、化石倉庫にしていた旧宅を改修。併せて昭和の雰囲気が漂う憩いの部屋もつくったとのこと。有志の方々がボランティアで運営を手伝い、見学は無料。
予約は鈴木さん:電話0538(42)4767。

行ってみたいなあ。

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


4/23 恐竜の島の化石採集教室で「てらのくん」ストラップ1日限定40組に無料配布!
恐竜や化石の島で有名な天草市御所浦町で、2012年4月28日から始まる化石採集教室で「てらのくん」ストラップ1日限定40組に無料配布! 

 詳しくは御所浦白亜紀資料館まで

(熊本日日新聞ニュース)http://bit.ly/HVN0kF

 ニュースに写真出てたけど、かなりかわいいレアグッズだなぁ。

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


11/12 なぎビカリアミュージアム
岡山県勝田郡奈義(なぎ)町・・・「今から約1600万年前、奈義町周辺は海抜0mの海辺」だったそうで、近辺からは、まき貝(ビカリア)を中心に動植物の化石が多数発掘されるそうです。発掘された化石を収集・展示しているのが「なぎビカリアミュージアム」です。

 恐竜化石ではないけれど、身近に化石を感じる施設で、屋外展示エリアでは発掘現場そのものが見学できるようです。

なぎビカリアミュージアム
 岡山県勝田郡奈義町柿1875  
 TEL 0868ー36-3977

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


11/11 なるさわ富士山博物館 火山活動に埋もれるT-rex
山梨県南都留郡鳴沢村の道の駅なるさわ。この中にある「なるさわ富士山博物館 鉱石ミュージアム」にT-rexコーナーがあるらしい。太古の地球の活動期、火山の爆発で埋れたティラノサウルスの展示があるらしい。
 それだけを見に行くのは遠いけど、富士山と一緒なら行ってみようかなぁ。

なるさわ富士山博物館のホームページから
『なるさわ富士山博物館』は、富士の裾野 に広がる大自然の里、特別天然記念物の溶岩樹型を擁する鳴沢村に展開する富士山への『知識と趣味の登山口』。道の駅なるさわ敷地内に建てられたこの博物館の地下展示場には、3面マルチスクリーンに繰り広げられるダイナミックな富士山の姿やマグマの様子が分かる透明な巨大富士山模型がある・・・

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


情報リンク・恐竜に会える博物館・科学館を追加!
2011年3月7日 情報リンク・恐竜に会える博物館・科学館を追加!

(1)(鳥取県)鳥取県立博物館
 鳥取県立博物館には、マンモスやナウマンゾウの化石、地球の進化のジオラマがあるようです。鳥取市東町2-124 電話:0857-26-8042

(2)(佐賀県)佐賀県立博物館
 佐賀県立博物館には、ディノニクスの全身骨格、ディメトロドンの頭化石(レプリカ)、アロサウルスの歯などがあるようです。 佐賀市城内1-15-23 電話:0952-24-3947

(3)(長崎県)長崎市科学館
 長崎市科学館には、ニッポンチタール(鹿のなかま)とアケボノゾウ(象のなかま)の模型があるらしい・・ 長崎市油木町7-2 電話:095-842-0505

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


恐竜や古生物を展示している博物館・科学館を追加!
2011年2月22日 情報リンク・恐竜や古生物を展示している博物館・科学館、恐竜イベントを追加!

(1)(三重県)三重県立博物館
 トバリュウ、トリケラトプス、アロサウルス、恐竜のふん石、アケボノゾウ、コウガゾウ、モササウルス、ヒパクロサウルス、パキケファロサウルス頭骨・・現在、新しい県立博物館の建設作業中で公開は2014年の予定です。 三重県津市広明町147-2 電話:059-228-2283

(2)(広島県)広島大学総合博物館
「広島大学総合博物館 - Wikipedia」に「広島市在住の日野渉氏から寄託された約250点に及ぶ貴重な化石(日野化石コレクション)が中心。目玉は、高さ1.5mの海ユリ、アパトザウルスの大腿骨、小さい魚をくわえた状態の魚の化石、翼竜の化石など。大陸移動説の有力な証拠となったメソザウルスも展示」とありますね。生きた化石「カブトガニ」の標本もあるのかな? 広島県東広島市鏡山1-1-1 電話:082-424-4212

(3)(徳島県)徳島県立博物館
 ティラノサウルス、ティタノサウルス、メガテリウム、アパトサウルスの大腿骨などが展示されているのかな? 館長は行ったことがない・・行ってみたいなあ。 徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園 電話:088-668-3636

(4)(香川県)自然科学館(香川県立五色台少年自然センター)
 香川県内の岩石・化石、世界最古のナマズ科化石、志度沖に漂着したミンククジラの骨格標本、五色台や香川の鳥獣の剥製及び五色台を中心に出土したサヌカイトの石器などが展示されているそうです。 香川県坂出市王越町木沢1901-2 電話:0877-42-0034

(5)(高知県)佐川町立佐川地質館
 佐川町は、ドイツ人の地質学者ナウマン博士が地質を調査した日本地質学発祥の地として知られる。この博物館には世界の珍しい化石、動く恐竜ティラノサウルス、オウムガイ・カブトガニなどの生きた化石など盛りだくさんの展示があるそうです。 高知県高岡郡佐川町甲360 電話:0889-22-5500

(6)(佐賀県)佐賀県立宇宙科学館
 ホームページによると「地底トンネルや佐賀発見プラザには、世界最大級を誇る「ヨコヤマオウムガイ」や飛べない鳥「ペンギンモドキ」など、佐賀県内の地層から発見された化石を数多く展示、地学博士の部屋ではカブトガニの足跡化石や、オウムガイとアンモナイトの展示などがあり、大昔の生き物やすんでいた環境を学ぶことができ」るとあります。恐竜化石はないのかな? 佐賀県武雄市武雄町永島16351 電話:0954-20-1666

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用