FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
館長の昔話その4


 館長はなぜ恐竜おもちゃを集めるのか? 館長の昔話、その4。


 タミヤ模型のプラモデルに熱中し、タミヤの初期の恐竜プラモデルも作り、時々、輸入の恐竜プラモデルを作りまくっていたのが館長の学生時代でした。近所の模型屋さんのプラモデルコンテストでは結構良い成績で、トロフィーや副賞をもらったなぁ。

 そんな生活も会社に入ったら、会社の友達と遊ぶことが多くなり、プラモデル作りも、たまに作る程度の趣味になっちゃった。

 大量にあった戦車のプラモデルなんかも、だんだん興味が薄れ、本当に気に入っていた数点を箱に入れて残し、人にあげちゃった。

 その後、結婚した館長は身の回りの物を持って新居に引越。プラモデルのことは、すっかり忘れてました。

 数年後、家を掃除していたらダンボール箱が出てきて、開けてみたら昔の宝物だったプラモデルが、タイムカプセルのように現れた。その中に恐竜のプラモデルもいくつかあり「昔、ずいぶん作ったなぁ」なんて思っているうちに、また作りたくなり、恐竜プラモデル作りが復活。これが恐竜おもちゃ集めの始まりになるのでした。

 続きはまた今度。
関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用