FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
国立科学博物館のカプセルミュージアム「異常巻きアンモナイト」
 東京・上野の国立科学博物館のメールマガジン、登録10000名突破記念のプレゼントで、「国立科学博物館 カプセルミュージアム 異常巻きアンモナイト」が当たりました!

 カプセルミュージアムは海洋堂が原型を作った国立科学博物館オリジナルのグッズ。ただしこれが1回300円のガチャガチャで販売されているから、何が出てくるか分からず、売っている場所も限らるので、全種類集めるには、かなり投資しないと揃わない。館長はNO.3の「異常巻きアンモナイト」を持ってなかったんです。

 異常巻きアンモナイトは日本で見つかる不思議な形のアンモナイトで、普通アンモナイトと言えば殻の部分は渦巻き状なのに、異常巻きの場合は巻きの方向が三次元で複雑。結果、殻の形はクネクネした形になる。

 おもちゃについては後日「恐竜おもちゃの博物館」本館でもう少し詳しくご紹介しましょう。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用