FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
異常巻きアンモナイトの不思議
 昨日、異常巻きアンモナイトのおもちゃを見ていて、やはり普通のアンモナイトと違う三次元の複雑な巻き方が気になりますね。

 以前は、進化の過程で種には寿命があり、種の寿命が近づくと異常な形や生存に不利な形のものが増え、やがて絶滅するという説があった。

 最近では異常巻きアンモナイトの形は種の末期の異常ではなく、浅瀬が広がっていた海の中で、あの形が有利に働いたと考えられるとか。

 アンモナイトは殻の中に気体を取り込み、潜水艦みたいに海中を遊泳した生き物。泳ぐ時の推進力は口から吹き出す海水。普通巻きのアンモナイトならまっすぐ進みそうだけど、異常巻きのあのクネクネでは、水を口から出したら回りの海水の抵抗で自分の体がクルクル回ってなかなか進まないように思えてしかたない。

 本当の理由は何?

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用