FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
哺乳類は色が見えていない?
恐竜研究の本「恐竜アトラス」に「哺乳類は色のない風景を見ている。」と書いてあり、あれ?と思った。人間は色が識別できるのにおかしくない?

 よく読んだら、哺乳類のほとんどは人間と違い、限られた色の世界が見えているらしく、人類や猿の一部だけがたくさんの色が見分けられる世界にいるらしい。

 そう言えば闘牛の牛は闘牛士がヒラヒラさせるマントの赤い色に反応するのでなく、白黒のように見えているマントがヒラヒラするのがイライラして怒ると聞いたことがあるなぁ。

 見えている色が少ない哺乳類と違い、爬虫類は人間同様、たくさんの色が見えているとのこと。だから体の色がカラフルなのがいるのかぁ? 恐竜も現代の爬虫類や鳥類みたいにカラフルだったのでは。

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用