FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
化石燃料恐竜、浅草に現る!
2009年12月09日
 国連で開催する地球温暖化対策の会議(国連気候変動枠組条約第15回締約国会議)の開催に向けて東京・台東区の浅草寺に化石燃料恐竜が出現。

 化石燃料恐竜くんは「FoE JAPAN」と言う団体が作ったもので、シャレですが学名もついている。

 イベントに化石燃料恐竜くんの出張サービスもやっているとのこと。

 化石燃料を使い過ぎると人類も絶滅するかもが言いたいのだと思いますが、なんで「恐竜」なのか? 恐竜イメージ保護団体があったら、質問してみたいところです。人類よりもはるかに長い間、恐竜たちの繁栄は続いたのに・・。

国際環境NGO FoE JAPANホームページから
化石燃料恐竜 Carbon Dinosaur
学名:Abthrakasourus sp.(学名の由来:炭素のトカゲ)
分類:炭素類温暖科
生息時期:化石燃料紀(19世紀~21世紀中頃)
生息地:地球上の各地、特に米国、日本などの先進国に多く見られた
解説:かつてヒトは地球から「化石燃料」と言われる資源を取り出して利用していた。しかし、地球が長年かけてつくりだした限りある資源であることを考えずに、それを大量に使ったため、「枯渇」という危機が訪れた。また、それを燃やすことで「地球温暖化」というヒトそのものの存亡にも関わる重大な事態を引き起こした。それゆえ、この恐竜は21世紀中頃に絶滅した。
関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用