FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
牛久のカッパ松 ・・・ カッパが住む沼
2010年9月4日 牛久のカッパ松・・・カッパが住む沼・・・牛久沼

カッパ松
カッパ松

 茨城県の南部に牛久市があり、牛久沼があります。牛久沼にはカッパが住んでいるという話がたくさんあります。駅前にもカッパのイラストがたくさんある。牛久の民話を2つ紹介すると・・・

牛を喰う沼
 もともとは太田沼と呼ばれていたが、金竜寺という寺の修行僧が、喰っちゃ寝、喰っちゃ寝の生活を繰り返しているうちに、とうとう牛になっってしまい、河童によって太田沼に引き込まれてしまった。その後、太田沼は「牛を喰う沼」……牛久沼になった、という話。

かっぱ松
 昔むかし、村の若者が沼に住むカッパに水の中に引き込まれ、死んでしまうことがたびたびあった。そこで村で一番の力持ちがカッパ退治することになりカッパを見つけて沼から引きずり出し、近くの松の木に縛りつけて、そのまま殺してしまう作戦でした。でもカッパが泣いてわびるので、かわいそうになり、二度と悪事しないことを約束したカッパを逃がしてやりました。その後は沼で溺れる者はいなくなったとか。

カッパは本当にいたのかなあ?

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用