FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
東京大学でアルディを見たよ!
2010年10月16日 東京大学でアルディを見たよ!

 東京大学総合研究博物館に展示されているアルディの全身骨格化石を見ました。

 アルディピテクス・ラミダスの記事(人類進化年表|アルディピテクス・ラミダスから)


 身長120センチと小さい。

 説明によると、アルディの足は人間と祖先の中間で、足の底がアーチ状になっていない、親指は外側を向いているなど、樹上生活向きの特徴を残しつつ、でも二足歩行ができたらしい。手は足よりも人に似ていてチンパンジーなど類人猿とは違い、樹上ぶら下がり生活よりも人間に近い生活をしていたらしい。

 アルディは人間が進化するなかで類人猿のように腕が長く、二本足で歩く時に手の甲を着いて歩く「ナックルウォーク」する形は経由していないことを示すと言う。類人猿と人類の共通の祖先から各々進化し、各々が現在の姿になったらしい。

 アルディは写真撮影禁止。チラシもないので記事の報告しかできないなぁ。

 ちなみに館長は初めて東京大学に行きました。歩いてる人がみんな頭良く見えてしまう・・・館長は雰囲気にのまれやすいなぁ。

関連記事

メガほねほねザウルスのスピノサウルス 完成!
2010年10月16日 メガほねほねザウルスのスピノサウルス

 スピノサウルスが完成しました。

 縦横とも10センチ近くあってオブジェとしてもなかなか良いのでは。

メガほねほねザウルス スピノサウルス
メガほねほねザウルスのスピノサウルス

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用