fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
とちぎわんぱく公園 学研寄贈のティラノサウルスの正体???
先日紹介したとちぎわんぱく公園で会った学研寄贈のティラノサウルス像ですが・・・

とちぎわんぱく公園の恐竜モモちゃん、ティラノサウルス

とちぎわんぱく公園の恐竜モモちゃん、ティラノサウルス
寄贈:(株)学習研究社 ・・・?

このティラノなんか見たことあるような? でも思い出せない。 学研の図鑑でみたのか? 何かの本で見たのか? とちぎわんぱく公園には初めて来たのに、どこかで見たことがあるような気がするなぁ・・・・

どうにもスッキリしないので、自宅にあった過去の恐竜展のパンフレットを見ていて答えが見つかりました!

■ ヒント その1 大恐竜博'90 図録

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡
大恐竜博'90 !!!

この恐竜展の正式名称は「日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡」。

1990年7月7日~1990年9月2日、幕張メッセで開催された恐竜博。

名前の通りメインスポンサーはHITACHI(株式会社日立製作所)、主催が大恐竜博実行委員会・学研・TBS、大恐竜博`90に出展されたものはすべてカナダ・アルバータ州ドラムヘラーにあるティレル古生物学博物館から持ち込まれたもの、という恐竜展でした。

この時の目玉展示はティラノサウルス(愛称:ブラック・ビューティー)の全身骨格と、生態復元(当時は肉付け標本と呼ばれていた)でした。

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡
図録の表紙(表と裏)

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡
ティレル古生物学博物館

1990年にエリザベス2世女王から王室の地位を与えられ、現在は「ロイヤル・ティレル古生物学博物館 The Royal Tyrrell Museum of Palaeontolog」

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡
図録 第2章
展示恐竜

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡
目玉のティラノサウルス
全身骨格

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡
ティラノサウルス
肉付け標本

この生態復元模型はティレル古生物学博物館の屋外に展示されていたもので、造形作家:ブライアン・クーリーさんの作品

これがはるばる1990年の大恐竜展のために日本にやって来たんです!

■ ヒント その2 大恐竜博'90の写真

図録があるから私は恐竜展を見に行ったはずで、我が家のアルバムを探したら当時の写真がありました!

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡
大恐竜博'90
幕張メッセの会場にて

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡

当時の恐竜展は場内が暗くて見物人が多すぎで、ゆっくり見ていられる状態ではない・・・・やっぱり当時から全身骨格よりも生態復元像が好きだったようで、模型の写真がたくさん残っていました。

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡
見上げたところ

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡

スティラコサウルス像 これもブライアン・クーリーさんの作品

日立ディノベンチャー`90大恐竜博 カナダ・アルバータ発、恐竜の奇跡
吠えてますね・・・
1990年の姿

とちぎわんぱく公園の恐竜モモちゃん、ティラノサウルス
2021年の姿
とちぎわんぱく公園にて

とちぎわんぱく公園の恐竜モモちゃん、ティラノサウルス

頭のてっぺんの独特なヘアースタイルも当時のまま!

とちぎわんぱく公園の恐竜モモちゃん、ティラノサウルス

31年前の1990年に見たティラノサウルス像と同じものですね!

なんとなくどこかで見たような気がしたのは、これだったようです。

ちなみに最近のロイヤル・ティレル古生物学博物館の様子をGoogleマップやGoogleアースで見ても、当時、ティラノサウルス像が設置されていた場所には恐竜像が見えない・・・。

大恐竜博'90は実質的には学研とTBSの共同企画だったので、大恐竜博'90のために来日したティレル古生物学博物館の庭に設置されていたティラノサウルス像が、何らかの理由で学研がもらい受け、それをとちぎわんぱく公園に寄贈した・・・・・ということで、よろしいでしょうか??

■ これで解決! ではなかった・・・・

これで解決と思いましたが、もしかしたらティレル古生物学博物館は日本に移住したのではなく、カナダ国内に移転したのでは??とネットで調べたら、350kmほど離れた「ミルク・リバー観光案内所 Travel Alberta Milk River Visitor Information Centre」にも同じ像があることがわかりました。

ミルク・リバー観光案内所のティラノサウルス像
(2015年9月)
Travel Alberta Milk River Visitor Information Centre HPより

■ 本日の結論

大恐竜博のためにティラノサウルス像が来日したのは1990年、とちぎわんぱく公園は2001年3月オープンなので、途中経過は詳細不明ですが、とちぎわんぱく公園のティラノサウルス像は”造形作家:ブライアン・クーリーさんの作品で、かつてティレル古生物学博物館にあったものと同じ形”というのが現在の結論です。

造形作家:ブライアン・クーリー
https://djanimateurfinistere.com/wiki/Brian_Cooley_(artist)

ややスッキリでした!

ティラノサウルス君、これからもお元気で!

館長
とちぎわんぱく公園のティラノサウルス像は”造形作家:ブライアン・クーリーさんの作品で、かつてティレル古生物学博物館にあったものと同じ形だった!!!

■ 施設名:とちぎわんぱく公園
■ 所在地:栃木県下都賀郡壬生町大字国谷2273
■ 交通:東武宇都宮線・おもちゃのまち駅から約3km
■ 恐竜像:恐竜モモちゃん、ティラノサウルス


■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像 全国
■恐竜と遊ぶ 恐竜公園・恐竜施設 とちぎわんぱく公園
■館長が見学した恐竜展たち!


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ




関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


JR福井駅 西口駅前広場のフクイティタン(福井県福井市) 【日本全国恐竜公園 恐竜ファイル】 第159回目
日本全国恐竜公園 恐竜ファイル

 2015年3月14日の北陸新幹線の開業(東京金沢間)を前に、福井駅前に草食恐竜のフクイサウルス(4.7m)とフクイティタン(全長10m)、肉食恐竜のフクイラプトル(4.2m)が出現! 動く恐竜(おそらくエオバータル科の多丘歯類のフィギュアも)は(株)ココロの動刻恐竜
 福井県の恐竜ブランドのキャラクター・ジュラチックの人形、ティッチー、ラプト、サウタンの3人と駅舎内の恐竜博士は福井県が並べたものですね!
 2024年春の北陸新幹線県内開業に向け、JR福井駅東口にも恐竜像を配置する計画があるようで、楽しみです!

(福井県福井市)JR福井駅 西口駅前広場のフクイティタン

■ File No. 024_0407_001
■ 施設名:JR福井駅 西口駅前広場
■ 所在地:福井県福井市中央1-1 福井駅 西口駅前広場
■ 交 通:JR福井駅の西口
■ 恐竜名:フクイティタン
■ 施工会社:ココロ
■ 誕 生:2015年3月
■ 絶 滅:
■ 撮影日:2019/8/30
■ 撮影者:恐竜おもちゃの博物館

JR福井駅 西口駅前広場のフクイティタン

よくテレビにも登場する福井駅の西側の恐竜たち。その中でも一番大きいのがフクイティタン。

2015年に登場した株式会社ココロ製の動刻です。


JR福井駅 西口駅前広場のフクイティタン

フクイティタン・ニッポネンシス(Fukuititan nipponensis)は、2007年に福井県勝山市北谷町で化石が発見された竜盤目 竜脚形亜目 竜脚下目 ティタノサウルス形類の生き物。

巨大な足の骨が見つかっているんですね。


JR福井駅 西口駅前広場のフクイティタン

フクイティタンをちょうど真横から撮った写真。

この大きな恐竜が首を振って動くんです!


JR福井駅 西口駅前広場のフクイティタン

ずいぶん高い場所にあるフクイティタンの顔。

株式会社ココロの恐竜なので、作成当時の最新学説を研究し、できるだけリアルに作られています。さすがですね!


JR福井駅 西口駅前広場のフクイティタン

フクイティタンの巨体を斜め後ろから。

なにやら小さな生き物が来てますね・・・・。恐竜に注目して足元の小さな生き物を見逃すところでした。これこそ人類の祖先???

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

福井駅の西側の動く恐竜たち。登場した時は北陸新幹線が東京・金沢間で開業したことを記念した「北陸デスティネーションキャンペーン」として福井県が主催の期間限定の予定でしたが、人気の高さから期間が延長され、現在にいたります。今や福井駅の顔です!

2024年春の北陸新幹線県内開業に向け、JR福井駅東口にも恐竜像を配置する計画があるようで、ますます楽しみです!

■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像 全国
■恐竜と遊ぶ 恐竜公園・恐竜施設 JR福井駅 西口駅前広場

次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ




関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用