fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
大阪・吹田市の名作・千里山ロイヤルマンションと一緒に生まれた恐竜すべり台が発見されました! わにさん遊園(大阪府吹田市)
■ わにさん遊園(大阪府吹田市)【こんなところで恐竜発見!】
 
「日本全国恐竜公園ガイド(大阪府)」に「わにさん遊園」を追加しました。

千里山西公園の隣にあるのがわにさん遊園。遊具に「ワニ」の像があるのかと思ったら仮称:恐竜すべり台があるくらいのようです。吹田市の公式記録にはこの恐竜すべり台は「人研ぎ1方ワニ型」1980年完成と記録されていて吹田市的にはこの遊具がワニなんですね。

館長は全国に点在(知っているのは12か所)している恐竜すべり台の情報を集めていたんですが、それとは別にわにさん遊園に不思議な遊具があることを知りって調べていた方が恐竜おもちゃの博物館にもたどり着き、情報と写真を送っていただいたんです。偶然なんですが熱望すると願いはかなうんですよね!

升谷保博さん、情報と写真、ありがとうございました!

写真提供は升谷保博さん、コメントは館長が勝手につけています。


■ わにさん遊園の遊具 「人研ぎ1方ワニ型」

わにさん遊園(大阪府吹田市)【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:升谷保博さん

わにさん遊園って知らなかったです! 新発見うれしい!!!

ワニなんですね! Googleマップをみていたら、ひよどり、うぐいす、めじろ、わんわん、タヌキ、カバ、ウサギ・・・などなど、吹田市の子どもが遊ぶ場所には動物の名前がついた〇〇遊園がたくさんあるみたい。

吹田市の内部では「人研ぎ1方ワニ型」と呼ばれているんですね!

この遊具はFRP(ガラス繊維強化プラスチック)によるリアルな恐竜像遊具が登場するよりも前の時代のモルタル造です。鉄骨または木材で骨組み、金網で外皮の部分を作ったあたりで、設置する現場に運び、左官(さかん)職人さんがモルタル(コンクリート+砂+水)をコテで塗り付けて形や細かな造形を仕上げる職人芸の世界。「人研ぎ1方ワニ型」の"人研ぎ"が固まったモルタルを研いで滑らかなすべり面を作ったという意味じゃないかな?


わにさん遊園(大阪府吹田市)【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:升谷保博さん

恐竜おもちゃの博物館ではこのデザインは「恐竜すべり台」と仮に呼んでいます。

この遊具、吹田市では正式にワニとして扱われているなんですね。全国的にもレアですね。ワニだったらもっと平べったいと思いますけど・・・・。ほかの場所では怪獣公園や恐竜公園と呼ばれていることが多いです。


わにさん遊園(大阪府吹田市)【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:升谷保博さん

手すりになっている背中のパイプを握って一番高いところに登り、首を滑って、大きく開いた口のトンネルから飛び出す楽しいデザインです。飛び出た先は砂場なので、勢いよく出てきてもケガしないですね。


わにさん遊園(大阪府吹田市)【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:升谷保博さん

しっぽから登りますが、階段でなく、互い違いの穴になっているところも楽しいですね!


わにさん遊園(大阪府吹田市)【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:升谷保博さん

ヒフのシワ、は虫類的な目、コンクリート製の結構大きな遊具ですが、モルタルを塗った表面をコテで左官(さかん)職人さんが現場で仕上げる"一品モノ"なので、基本デザインは同じでも微妙な違いがあり、興味深いです!

恐竜おもちゃの博物館がキャッチした"恐竜すべり台"の生息地が13か所になりました!


■ このWebも参考にしました! 

参考リンク:Coco Parks:吹田市 わにさん遊園

・ ・ ・ ・ ・

情報と写真をいただいただけでなく、升谷保博さんは吹田市に残る"わにさん遊園"の詳細な情報まで調べてくれたんです。

それによると、わにさん遊園の面積は287㎡。公園の供用開始日は1983年4月28日。また吹田市の別の資料には「1980年に開発事業者から帰属されたもの」と記録があるそうです。隣接の名作ヴィンテージマンション「千里山ロイヤルマンション」があり、このマンションができたのが1980年、とのこと。

マンション建築と一緒に周辺道路や公園を開発業者が作り、建物の完成後に道路や公園などを市町村に寄贈するパターンですね。この場合、役所に聞いても「受贈の時点で完成していた遊具なので施工会社などは不明」が多いんです。

・ ・ ・ ・ ・

たまたま恐竜倶楽部の皆さんにも恐竜すべり台の情報提供を頼んでいたところ、いままで全くノーマークだった"わにさん遊園"の情報を教えてもらい、私が知らないだけでまだまだ全国に"恐竜すべり台"はあるんだろうなぁと予感させるできごとでした!

升谷保博さん、ありがとうございました!


館長
わにさん遊園(大阪府吹田市)【こんなところで恐竜発見!】 大阪・吹田市の名作・千里山ロイヤルマンションと一緒に生まれた恐竜すべり台が発見されました!

■ HP等:わにさん遊園
■ 所在地:大阪府吹田市千里山西4丁目39
■ 緯度経度:34.77882118101111, 135.49825331650334
■ 交通:阪急電鉄千里線・千里山駅から1km
■ 恐竜像:恐竜すべり台(人研ぎ1方ワニ型)
■ Googleマップ:開く
■ 日本全国恐竜公園ガイドまとめアドレス:開く


■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■日本全国恐竜公園ガイド(全国版)
■日本全国恐竜公園ガイド(大阪府)わにさん遊園


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ




関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用