FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
福井県勝山市の風景の中に現れる巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか?
■ホワイトザウルス2世にご対面!

2013年に一度ホワイトザウルス(その時の名前は和紙恐竜)に会いに来たのですが、今回会えたホワイトザウルスは、見かけは前とほとんど同じですが、なんと2世なんです!

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか


恐竜像はメンテナンスに手間もお金もかかり、老朽化して消えて行く恐竜像も多いなか、勝山のホワイトザウルスは数々の変化を乗り越え元気な姿を見せてくれていました! 地元の皆さんにも愛されていますねぇ。

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

■ホワイトザウルスの歴史(恐竜おもちゃの博物館館長調べ)

◆ 2009年(H21)
恐竜王国物語福井のPR用に誕生。
福井県の伝統産業「越前和紙」の原料である楮(こうぞ)を使用し、特殊な技術で吹付けを行い製作。骨格は木造。全長17.5m、高さ6.8m

12月12日~「ライトアップウォーク2009」の一環として福井駅前に設置されライトアップ(当初2009年12月27日までの予定が~2010年1月11日まで延長)。この時の名前は「恐竜モニュメント(和紙製)」。

◆ 2010年(H22)
1月 福井駅前での展示終了後、北陸道沿道の倉庫で保管される

◆ 2011年(H23)
2月 移転・復活のウワサが巷に流れる

3月 福井県→勝山市に譲渡、現在の場所に移設、発泡ウレタンでコーティング加工される

4月 展示公開開始! 冬の降雪12月までの期間限定の予定で展示スタート、名前が「和紙恐竜(わしきょうりゅう)」にチェンジ!・・雪の時期もそのまま展示されてたような・・

・ ・ ・ ・ ・

◆ 2013年(H25)
館長が前に会ったのは2013年7月
和紙恐竜の頃でした。
この時の姿はまっ白じゃなくて、ややグレーがかっていた。体全体を支えるためにたくさんの細いワイヤーが張られていた。

前回の訪問記 越前和紙の材料で作られた和紙恐竜を見てきました!(2013/7/12)

◆ 2014年(H26)
7月 直射日光や風雨、鳥に突かれるなどして傷みが激しいことから市が約300万円をかけて、ポリウレタンでコーティングして耐久性を高める修繕が完了。名前が「ホワイトザウルス」に変更された!

・ ・ ・ ・ ・

◆ 2016年(H28)
7月11日 早朝、頭部が突然落下! 天国に逝ってしまいました・・・。落ちた頭と体はしばらくその場に置かれ、復活の方法が検討されましたが、結論は撤去でした。

7月30日 撤去作業を前に「ホワイトザウルスさんありがとうの会」が開催され100人もの地元民が集まった! 地元の皆さんに愛されていたんですね。

8月 撤去された場所にはホワイトエッグ(タマゴの形のモニュメント)が置かれ、復活が待ち望まれた。「大けがを負ってこの地を去ったホワイトザウルスが卵を残してくれたという」という設定・・・

11月 復活に向けた市民活動が行われる。「リ・ボーン作戦」として2代目ホワイトザウルスを復活させるクラウドファンディングもスタート。行政も本気で動き・・・

◆ 2017年(H29)
4月 勝山市がホワイトザウルス制作者を公募、株式会社工房新(あらた)さんがホワイトザウルス2世を製作することに。

11月 ホワイトザウルス2世が完成、前と同じ場所で復活! クラウドファンディングでは850万円以上の寄付が全国から集まり、雨や風に強い繊維強化プラスチック製、骨格は鉄骨に生まれ変わった。見た目は初代とそっくり。総事業費は3600万円だそうです!

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

・ ・ ・ ・ ・

◆ 2019年(R1)
8月 恐竜おもちゃの博物館館長が2世と対面!

ホワイトザウルスはこれからも地元の人たちや恐竜ファンに愛され、勝山なランドマークとして活躍するのでしょう。

ホワイトザウルス2世、これからもお元気で!

巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか

(訪問したのは2019年8月です)

館長
福井県勝山市の風景の中に現れる巨大なホワイトザウルス。数々の変化の歴史があること、ご存知ですか?

■ 施設名:ホワイトザウルス(2世)
■ 所在地:福井県勝山市村岡町五本寺3
■ 交通:えちぜん鉄道・勝山駅から3km
■ 恐竜像:ティラノサウルス 1体


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。

情報はこちらへ

■恐竜や古生物の展示会 恐竜イベント情報!
■館長が見学した恐竜展たち!
■恐竜に会える博物館・科学館など
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像

関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する