fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
滝川市美術自然史館のタキカワカイギュウ(発掘産状)(北海道滝川市) 【日本全国恐竜公園 恐竜ファイル】 第66回目
日本全国恐竜公園 恐竜ファイル

北海道の滝川市美術自然史館。建物内部には美術と自然史の展示施設なんですが、500万年前に生息していた「タキカワカイギュウ」の巨大な骨格と生態模型があります。建物の前庭にタキカワカイギュウの産状復元とともに、カイギュウと人魚の像があります。

(北海道滝川市)滝川市美術自然史館のタキカワカイギュウ(発掘産状)

■ File No. 001_0035_001
■ 施設名:滝川市美術自然史館
■ 所在地:北海道滝川市新町2-5-30
■ 交 通:JR函館本線・滝川駅から1.5km
■ 恐竜名:タキカワカイギュウ(発掘産状)
■ グループ:
■ 誕 生:
■ 絶 滅:
■ 撮影日:2017/5/24
■ 撮影者:恐竜おもちゃの博物館

滝川市美術自然史館のタキカワカイギュウ(発掘産状)

北海道の滝川市美術自然史館の建物。この中に美術自然史館があり、タキカワカイギュウやティラノサウルスの全身骨格が展示されていますが・・・


滝川市美術自然史館のタキカワカイギュウ(発掘産状)

建物の外に、タキカワカイギュウを発掘したときの産出状態を再現したモニュメントがあります。産出状況のレプリカが屋外展示されているのは珍しいのでは・・・


滝川市美術自然史館のタキカワカイギュウ(発掘産状)

「タキカワカイギュウ産状図。
1980年8月、空知川の河床から発見されたタキカワカイギュウ。
みなさんの足元に、発見された化石の配置が再現されています。」


滝川市美術自然史館のタキカワカイギュウ(発掘産状)

最初は化石の一部が見つかり、その時は「クジラだろう・・・」と予想されつつ地元のみなさんで発掘が行われ、後に新種のカイギュウ(海牛)であることがわかり、タキカワカイギュウになったんですね。

発掘に参加した人たちのワクワクが伝わって来るようです。


滝川市美術自然史館のタキカワカイギュウ(発掘産状)

写真ではわかりにくいのですが、確かにクジラと間違えられるような大きさです。思った以上に巨大です!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

タキカワカイギュウは、今から500万年前、滝川市が海だったころに生息したジュゴンの仲間で、体長約8メートル。冷たい海で暮らしたカイギュウの仲間。こんなに大きな生き物が当時の北海道の沿岸にいたなんて、ロマンがありますね。

■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像 全国
■恐竜と遊ぶ 恐竜公園・恐竜施設 滝川市美術自然史館

次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する