fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
蜂ヶ峯総合公園・恐竜の森のアンキロサウルス(山口県和木町) 【日本全国恐竜公園 恐竜ファイル】 第74回目
日本全国恐竜公園 恐竜ファイル

山口県和木町の蜂ヶ峯総合公園には恐竜の森があり11体の古生物がいます。奥萩地域の地元のホテル萩本陣にあった恐竜の森の住人たちで、2000年(平成12年)に公園を整備する時に引っ越してきました。

恐竜の説明板に「奥萩」とかかれているのは、その時の名残です。

(山口県和木町)蜂ヶ峯総合公園・恐竜の森のアンキロサウルス

■ File No. 035_0131_006
■ 施設名:蜂ヶ峯総合公園・恐竜の森
■ 所在地:山口県玖珂郡和木町大字瀬田紺屋作260-1
■ 交 通:JR山陽本線・和木駅から3.6km
■ 恐竜名:アンキロサウルス
■ グループ:日東商事
■ 誕 生:2000年(平成12年)に転入
■ 絶 滅:
■ 撮影日:2019/6/13
■ 撮影者:恐竜おもちゃの博物館

蜂ヶ峯総合公園・恐竜の森のアンキロサウルス

蜂ヶ峯総合公園の順路を進むと、なんとなく不機嫌そうなこのアンキロサウルスが現れます。


蜂ヶ峯総合公園・恐竜の森のアンキロサウルス

・・・説明をよ~く見ると、「アルマジロのように頭をしまい込み身を守った」とありますが、そうなの? きっと何かの勘違い。


蜂ヶ峯総合公園・恐竜の森のアンキロサウルス

背中の皮膚はワニの何倍も頑丈そうな重武装。体の脇には短いスパイク状のとげが並んでいるのが、かつてのアンキロサウルスの定番イメージ。当時はインターネットみたいな便利なツールがない頃だから、恐竜研究や学術情報が正確に伝わらない時代だから、学術的な検証よりもイメージ先行なんですね。


蜂ヶ峯総合公園・恐竜の森のアンキロサウルス

・・・近くによるなよ・・・・

という顔でしょ。でも好きです。


蜂ヶ峯総合公園・恐竜の森のアンキロサウルス

しっぽの先に大きな骨の”かたまり”。背骨の延長になっているしっぽを途中でこんな急角度で曲げるのも、生物としてかなり難しそうですが、これもかつての定番イメージですね。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

思わず”懐かしい”と言ってしまうレトロな復元スタイルのアンキロサウルス。昔の恐竜図鑑のアンキロサウルスはこんな姿でしたね。

最近の姿とはかなり違いますが、長生きしてほしいです!

■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像 全国
■恐竜と遊ぶ 恐竜公園・恐竜施設 蜂ヶ峯総合公園・恐竜の森

次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する