fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
ジュラシックビルのティラノサウルス君、日本初公開のジュラシックツリーと一緒に2004年の浜名湖花博を盛り上げた!!! 花博の後はジュラシックビルで看板恐竜として頑張っていたんですね!
■ 静岡の繁華街のビルにティラノサウルスがいるのはなぜ???

静岡駅の近く、繁華街にあるジュラシックビルの入り口に大きなティラノサウルス像がいるんですが、このティラノ君の出生の秘密がわかりました。さらにちょっと整形手術を受けた事実も???

静岡ジュラシックビルのティラノサウルス 出生の秘密 !!!

静岡駅から750m、繁華街にあるテナントビルで、その名も「ジュラシックビル」


静岡ジュラシックビルのティラノサウルス 出生の秘密 !!!

ビルの入り口がトンネルのようになっているんですが、通路ををふさぐように恐竜が居座っているんです。


静岡ジュラシックビルのティラノサウルス 出生の秘密 !!!
2019年のティラノサウルス君

このティラノサウルス君、なんで、このビルにこんなに大きなティラノサウルスがいるのか不思議だったんですが、ネット記事をいろいろ調べたら、わかってきました。


■ 静岡ジュラシックビルのティラノサウルス 出生の秘密 !!!

【 結論 】
 ・・・ ティラノサウルス君は、2004年に開催された浜名湖花博の花みどり未来館に7月10日に登場したエムクラフト製の恐竜像で、花博の終了後に縁あってジュラシックビルにやってきたのでした!


浜名湖花博とは、2004年4月8日〜10月11日に浜名湖ガーデンパークで開催された博覧会の愛称。博覧会の正式名称は「しずおか国際園芸博覧会「パシフィックフローラ2004」「第21回全国都市緑化しずおかフェア」。

花博には「ジュラシックツリー」というオーストラリアの植物が日本初展示されていた。

ジュラシック ツリー(jurassic Tree) は、世界最古の種子植物とされるナンヨウスギ科の針葉樹で、 1994年にオーストラリアのシドニーから西方に200km離れたウォレマイ国立公園内の渓谷で発見されたもの。この発見により、これまで最古とされてきた第三紀(約6000万年前~)のメタセコイアより、 更に古く現存する最古の種子植物(2億万年前・1億5千万年前~)で、まさに恐竜時代から生き続けているという植物だった。

この木が発見地のオーストラリア以外で初めて展示されたのが2004年に開催の浜名湖花博。

この木の横に恐竜像を置こう!とエムクラフト製のティラノサウルス像が登場したんですね!!!


■ 2004年の浜名湖花博に登場したティラノサウルス

静岡ジュラシックビルのティラノサウルス 出生の秘密 !!!
「はまにゃこぶろぐ(浜松・浜名湖を楽しもう)」より
2004年のティラノサウルス君

ネットでいろいろ探したら、「はまにゃこぶろぐ(浜松・浜名湖を楽しもう)」の2005年6月22日の記事「花みどり未来館の恐竜?」 に当時のティラノサウルス像の姿があり、写真を引用させていただきました。

参考リンク:はまにゃこぶろぐ(浜松・浜名湖を楽しもう):花みどり未来館の恐竜?

ジュラシックビルのティラノサウルス君ですね!

また ブログ「静岡ジモティーズ」の2005年7月15日の記事「静岡市街に住まう恐竜」に「最近、恐竜が1頭住み始めた」という紹介がありました。浜名湖花博は2004年10月11日まで開催されていて、終了後に恐竜像の次の行き先を模索し、2005年にジュラシックビルにお引越ししてきたんですね!

参考リンク:静岡ジモティーズ:静岡市街に住まう恐竜

製作者については、「はまにゃこぶろぐ(浜松・浜名湖を楽しもう)」の2004年7月19日の記事「ジェラシックツリーと恐竜」 に「作ったのは、M-CRAFTという会社」と書かれているほか、「プレートにM-CRAFTSと書かれていた」、エムクラフトの作品を引き継いでいた会社の商品説明ホームページにも、ジュラシックビルのティラノサウルスが作品例として載っているので、エムクラフトに間違いなしです!

参考リンク:はまにゃこぶろぐ(浜松・浜名湖を楽しもう):ジェラシックツリーと恐竜
参考リンク:株式会社アクスト:ティラノサウルス

なお、ティラノサウルス登場のきっかけとなったジュラシックツリーですが、日本に譲り受けられた3個体のうち2個体は秋篠宮邸とディズニーリゾートに1個体ずつ運ばれ、大事に育てられているそうです!

参考リンク:私もディズニーが好き❣️:ランドのジュラシックツリーとシーのジュラシックツリー


■ ティラノサウルスの整形手術???

ところで、2019年のティラノサウルスと2004年のティラノサウルスでは姿が変化しているんです。わかりますか?

正解は、「手の指の向き」でした!

浜名湖花博にいた2004年のティラノ君は手の指を下げているので、爪がやや後ろを向いています。この状態で、ジュラシックビルにやってきたんですが、事故が発生したので、整形手術を受けたんだとか・・・。

ジュラシックビルから帰るお客さんはティラノサウルスの胴体の下を通って帰るんですが、その時にティラノの爪に引っかかるお客さんがいて危険なので、手を上に持ち上げて爪が前を向くポーズに整形手術を受けたんです。

今度は爪が前を向いているから、ビルに入るときに爪に当たるのではと心配になりましたが、ビルに入るときは酔っぱらいじゃないので平気なのかな??

・ ・ ・ ・ ・

ジュラシックビルのティラノサウルス君、日本初公開のジュラシックツリーと一緒に2004年の浜名湖花博を盛り上げた!!! 花博の後はジュラシックビルで看板恐竜として頑張っていたんですね。これからもジュラシックビルに多くのお客さんを呼び込んでくださいね!!!

館長
ジュラシックビル(静岡県静岡市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】 日本初公開のジュラシックツリーと一緒に2004年の浜名湖花博を盛り上げた!!! 花博の後はジュラシックビルで看板恐竜として頑張っていたんですね

■ 名称:ジュラシックビル
■ 所在地:静岡県静岡市葵区常磐町1-1-5
■ 緯度経度:34.97258377010816, 138.38292214505427
■ 交通:JR静岡駅から750m
■ Googleマップ:開く
■ ストリートビュー:開く


■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■日本全国恐竜公園ガイド(全国版)
■日本全国恐竜公園ガイド(静岡県)ジュラシックビル


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する