fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
2009年にスピノサウルス復元計画で誕生した全身骨格の写真を提供していただきました! 飯田市美術博物館(長野県飯田市)
■ 飯田市美術博物館(長野県飯田市)「【こんなところで恐竜発見!】 
 
「日本全国恐竜公園ガイド(長野県)」で紹介していた「飯田市美術博物館」、写真を募集していたところ、城元太さんから写真を提供していただきました。ありがとうございます!

写真提供は城元太さん、コメントは館長が勝手に書いています。


■ 飯田市美術博物館のスピノサウルス

飯田市美術博物館のスピノサウルス(長野県飯田市)「【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:城元太 さん

飯田市美術博物館の建物内に展示されているスピノサウルス全身骨格模型。

手前に見えているのはアケボノゾウの全身骨格。建物の構造や配置の関係で写真がとっても撮りにくそうですね。


飯田市美術博物館のスピノサウルス(長野県飯田市)「【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:城元太 さん

スピノサウルスが展示されている場所は大きなガラス窓のすぐ横なので、ガラス窓をバックに写真を撮ると逆光で写真がうまく撮れない・・・。

円柱が何本も建ち並ぶ狭い空間に大きな全身骨格がギリギリ収まっているので、円柱を避けて写真を撮ることができない・・・かなり厳しい状況ですね。


飯田市美術博物館のスピノサウルス(長野県飯田市)「【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:城元太 さん

真後ろからはよく見えますが、ここからだとスピノサウルスの特徴がほとんど見えないし・・・。


飯田市美術博物館のスピノサウルス(長野県飯田市)「【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:城元太 さん

飯田市美術博物館は「伊那谷の自然と文化を基本テーマとし、美術、自然科学及び人文科学に関する資料を収集」とのことで、恐竜関連の展示品もあります。

恐竜が好きな方ならご存じの方が多いプロトケラトプスとヴェロキラプトルの格闘化石も見ることができるんですね。


飯田市美術博物館のスピノサウルス(長野県飯田市)「【こんなところで恐竜発見!】
写真提供:城元太 さん

竜脚類の中では中くらいの大きさのカマラサウルスの大腿骨の化石。1.6mほどもあり、触って良いんですね。

飯田市美術博物館には、ほかにも絶滅したワニや哺乳類の化石もあり、恐竜や古生物ファンなら楽しめそうな博物館ですね。

ちなみについ最近までは”日本で唯一、スピノサウルス全身骨格を常設している博物館”だったんですが、2023年に福岡県の「いのちのたび博物館」の展示リニューアルで15mのスピノサウルス全身骨格が登場したので、唯一ではなくなってしまいました。。。


■ 飯田市美術博物館スピノサウルス全身骨格の出生のひみつ!

改めて今回、飯田市美術博物館のスピノサウルス全身骨格の作者などを調べてみたら、2009年に幕張メッセで開催された「恐竜2009 砂漠の奇跡!!」の展示品として「スピノサウルスの実物大骨格の復元計画」により誕生した貴重なものだったことがわかりました!

「恐竜2009 砂漠の奇跡!!」は館長も見に行って大興奮して恐竜フィギュアなどを買い込んでいたので、その時に見たスピノサウルス全身骨格の写真もあるなぁと思って探したのですが・・・・・


■ スピノサウルス全身骨格模型の写真がない!?

なぜかスピノサウルス全身骨格模型の写真がない!!! 生体モデルの写真はたくさんあるんですが・・・。

なぜ無いんだろうか考えたんですが、恐竜2009の目玉展示は「恐竜ミイラ化石」と「世界最大級の恐竜」がメインイベントで、ティラノサウルス頭骨が7標本も並んだのにそれすら目玉にならない、今では考えられない大規模な恐竜展だったんですね。

そんな展示品の中、やっぱり多くの人が見たがる順位は 「実物 → レプリカ → 模型 」の順番になるわけで、17mもある全身骨格と生体モデルの2体も展示されていたスピノサウルスは目立ちはするんですが、見るべき価値としては最下位の「模型」扱いなので、写真を撮り忘れちゃったのかな?


恐竜2009 砂漠の奇跡!!
恐竜2009 砂漠の奇跡!!

恐竜2009で展示されたスピノサウルスの生体モデル。

映画ジュラシックパークⅢではティラノサウルスよりも強い陸上の肉食恐竜として登場したスピノサウルス。映画のロゴもティラノサウルスに代わってスピノサウルスのシルエットになるなど、スピノサウルスが最強なんだ!と印象づけられていた頃なので、17mもある実物大の生体モデルは特に子どもたちに人気でした。


恐竜2009 砂漠の奇跡!!
恐竜2009 砂漠の奇跡!!

こちらはスピノサウルスの全身骨格なのですが、全長7m、若い個体の実物化石を組み立てたもの。

「実物」ということで写真を撮ったんだと思います。


恐竜2009 砂漠の奇跡!!
恐竜2009 砂漠の奇跡!!

のちにスピノサウルス全身骨格&生体モデルと一緒に飯田市美術博物館に来ることとなる小型獣脚類グアンロンの生体モデル。

全身がハデな彩色の羽毛で覆われた外見で登場したので、羽毛恐竜ブームのはしりですね。


恐竜2009 砂漠の奇跡!!
恐竜2009 砂漠の奇跡!!

この生体モデルものちに飯田市美術博物館に来ることとなる小型獣脚類ディロンの生体モデル。

こちらは地味なカラーリングでした。


恐竜2009 砂漠の奇跡!!
恐竜2009 砂漠の奇跡!!

恐竜2009 砂漠の奇跡!! の公式カタログ。

「スピノサウルスの復元計画」の記事が載っていますが、完成したスピノサウルス全身骨格模型については写真が1枚だけ・・・・。


■ スピノサウルスの発見から飯田市美術博物館に至る動きをまとめたら・・・

1912年に化石が見つかり、新種新属の奇妙な恐竜として正式に登録された後、空爆で標本が破壊されてしまったスピノサウルス。その全身骨格が復元され、飯田市美術博物館で常設展示された間での歴史をたどってみました。

1912年
ドイツ人古生物学者 エルンスト・シュトローマー・フォン・ライヘンバッハ のもとで働いていた化石ハンター リチャード・マークグラフ がエジプトの砂漠で不思議な恐竜化石を発見。

1915年
シュトローマー はこの化石をもとに新種新属の恐竜として スピノサウルス・アエギィプティアクス(Spinosaurus aegyptiacus、エジプトの棘トカゲの意)と命名。貴重な化石はバイエルン博物館が入っていた建物に展示していた。

1944年
第二次世界大戦の中、ドイツ・ミュンヘンは破壊的空爆をされ、建物ごと化石は灰になった。

焼失から62年の時が過ぎ・・・・

2006年
カーネギー自然史博物館(当時)で勤務していた古生物学者マット・ラマンナのもとに日本から「恐竜2009」で展示する「スピノサウルスの実物大骨格の復元計画」が打診された。

シュトローマーが発表したスピノサウルスの論文には発見された化石骨すべての詳細なイラストが載っていたこと、その後の調査で未公開の化石写真が発見されたこと、スピノサウルスと近縁の恐竜の比較的完全な標本が発見され近縁種の研究が進んでいたことなど、当時知りえた知見を総合してラマンナ博士が詳細な骨格図面を作成した。

熟練のアーティストチームが編成され、ラマンナ博士の図面をもとに実物大の立体的な骨格模型が川崎の製作現場で作り始められた。

作業の進捗に合わせて、ラマンナ博士、群馬県立自然史博物館の長谷川善和館長(当時。現在は飯田市美術博物館顧問)、北海道大学総合博物館の小林快次准教授(当時)が監修に参加、当時の最先端の知見を盛り込んだ模型となった。

2009年
全長17mのスピノサウルス全身骨格模型が完成。2009年7月18日から「恐竜2009 砂漠の奇跡!!」(幕張メッセ)で生体モデルとともに初公開された(9月27日まで)。

2010年
恐竜2009の終了後、スピノサウルスは巡回展として、2010恐竜博いわて(2010/7/10~8/16)岩手県民会館で展示。

2011年
よみがえる!謎の巨大恐竜スピノサウルス(2011/7/16~11/20)群馬県立自然史博物館で展示。

2012年
大恐竜展「謎の巨大恐竜 スピノサウルス」(2012/6/23~9/2)で飯田市美術博物館に登場! 全身骨格のほかに生体モデルも一緒に展示された。展示スペースの制限から生体モデルはしっぽを4m切った状態で展示されたとか。

2012年11月
大恐竜展の終了後、スピノサウルスは飯田市美術博物館の常設展示物に。

2015年
恐竜2009から一緒に展示されていたスピノサウルス(骨格/生体モデル)、グアンロンとディロン(生体モデル)の愛称公募が行われ、スピノサウルスの愛称:スピノン、グアンロンの愛称:グアンくん、ディロンの愛称:ディーちゃん になった。

2023年
その後の展示替えなどがあり、スピノサウルス全身骨格模型だけは今でも雄姿に会えるようです。


■ このWebも参考にしました! 

参考リンク:(Twitter)城元太さん:松川ICを降り、飯田市美術博物館 (http://iida-museum.org)到着・・・

・ ・ ・ ・ ・

今回、城元太さんが飯田市美術博物館を訪問され、スピノサウルス全身骨格に会ったことを教えていただいたのをきっかけに、飯田市美術博物館のスピノサウルスの出生の秘密を知ることができました。写真利用も快諾していただき、ありがとうございました!

館長
飯田市美術博物館(長野県飯田市)【こんなところで恐竜発見!】 2009年にスピノサウルス復元計画で誕生した全身骨格の写真を提供していただきました!

■ HP等:飯田市美術博物館
■ 所在地:長野県飯田市追手町2丁目655-7
■ 緯度経度:35.51218751873623, 137.83035
■ 交通:JR飯田線・飯田駅から1.3km
■ 恐竜像:スピノサウルス全身骨格(模型)、アケボノゾウ全身骨格ほか
■ Googleマップ:開く
■ ストリートビュー:開く


■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■日本全国恐竜公園ガイド(全国版)
■日本全国恐竜公園ガイド(長野県)飯田市美術博物館


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する