fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
おがの化石館の2頭のパレオパラドキシア、学名の”太古の矛盾した生物”の通り、出生も謎・・・。 おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)
■ おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)【こんなところで恐竜発見!】
 
「日本全国恐竜公園ガイド(埼玉県)」で紹介している「おがの化石館」、募集していたパレオパラドキシアの写真を提供していただきました!


■ おがの化石館とは 

おがの化石館は、埼玉の奇獣「パレオパラドキシア」の化石や、小鹿野町から出土した化石を中心にいろいろな化石が展示されているとのこと。「ようばけ」がベランダから見えるらしいよ。ようばけって知ってる?

前庭にパレオパラドキシア像があります。2体あって、何と1体は笹を食べるパンダのように座ってます。太古の日本ののんびりとした風景が想像できます。

2頭の写真をファスルさんから提供していただきました。ありがとうございます。


■ おがの化石館のパレオパラドキシア!

写真提供はファスルさん、コメントは館長が勝手につけています。


おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)【こんなところで恐竜発見!】

これが会いたかった2頭のパレオパラドキシアなんですね!

写真を提供していただいたので、おがの化石館に電話してパレオパラドキシアのことを伺ったのですが、かつてあった”みどりの村プール”にいた2体がおがの化石館に引っ越ししてきたらしい、親子なのか兄弟なのか、名前(愛称)はわからない・・・、と分からないことだらけ・・・謎ですね。


おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)【こんなところで恐竜発見!】

大きな方のパレオパラドキシア。出っ歯のカバですよね・・・。


おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)【こんなところで恐竜発見!】

発見されている化石頭骨を見ると、確かに前歯が前に向かって伸びているようですが、モニュメントの姿とはちょっと違うかな?


おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)【こんなところで恐竜発見!】

赤ちゃん座りの小さなパレオパラドキシア。


おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)【こんなところで恐竜発見!】

赤ちゃんのようなポーズだし、サイズも小さいので子ども設定なんでしょうね。


おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)【こんなところで恐竜発見!】

おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)【こんなところで恐竜発見!】

小鹿野町を含む秩父エリアにはパレオパラドキシアの全身骨格のほか生態復元も数体いますが、おがの化石館のパレオがアニメ調にデフォルメされていて親しみやすさNo.1ですね1


■ Googleストリートビューどこでもドア 



Googleストリートビュー(2022年12月)

パレオパラドキシアの親子なのか? 謎だらけです。


■ このWebも参考にしました! 

参考リンク:ジオパーク秩父:秩父の大地に眠る太古の海の物語

参考リンク:小鹿野観光協会:おがの化石館

・ ・ ・ ・ ・

パレオパラドキシア(Paleoparadoxia)の学名の意味は”太古の矛盾した生物”。おがの化石館にいる2体は学名にふさわしく(?)、みどりの村生まれ以外は謎のようです。

いくつかのネット記事には”親子のパレオパラドキシア”と書かれているので、4本足で立っている大きな個体が親、赤ちゃん座りをしているのが子どもなのかな? ジオパーク秩父:秩父の大地に眠る太古の海の物語では子どもは晴夫(はれお)、大きな方は晴夫の父となっているんですね。晴夫(はれお)君、いいですよね! 正式に愛称にしてはいかがでしょうか。

そのうち私も会いに行きますね!

ファスルさん、写真提供ありがとうございました!

館長
おがの化石館(埼玉県 小鹿野町)【こんなところで恐竜発見!】 おがの化石館の2頭のパレオパラドキシア、学名の”太古の矛盾した生物”の通り、出生も謎・・・。

■ HP等:おがの化石館
■ 所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野453
■ 緯度経度:36.018912921697215, 139.04389061452807
■ 交通:秩父鉄道・大野原駅から10km
■ 電話:0494-75-4179
■ Googleマップ:開く
■ ストリートビュー:開く
■ おがの化石館まとめ:開く


■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■日本全国恐竜公園ガイド(全国版)
■日本全国恐竜公園ガイド(埼玉県)おがの化石館


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する