fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
アパトサウルスのような首が長い恐竜、はたまたプレシオサウルス? 複合遊具に会いに行きました! 坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)
■ 坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】
 
「日本全国恐竜公園ガイド(埼玉県)」で紹介している「坂田弁天公園」、アパトサウルスのような首が長い恐竜、はたまたプレシオサウルス? 複合遊具に会いに行きました!


■ 坂田弁天公園とは 

アパトサウルスのような首が長い恐竜(はたまたプレシオサウルス?)をイメージした大きな複合遊具があります。頭を下げた恐竜に乗り込み、首からしっぽまで渡って遊べます。庄戸第五西公園と同じタイプ?

maimaiさんから遊具の情報をいただきました。


■ 坂田弁天公園に到着!

坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

坂田弁天公園に到着。

”坂田弁天”という寺社が近くにあるのかな? 見当たらないけど・・・


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

広い砂地の公園で大きな木が何本も生えています。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

木々の中に目指す恐竜遊具が見えてきました!


■ 目指す恐竜像が見えてきました!

坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

結構、大きい! 確かに4本の足を広げて伏せているプレシオサウルスみたいな感じがします。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

頭がついているから生き物像にまちがいない!


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

頭を下げた大きな生き物に見えますね。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

長さ15m、幅6m、高さ3m かなり大きな遊具!

その姿は両手両足を広げて、首としっぽを長く伸ばしているようなポーズ。頭がついているので、頭を下げたアパトサウルスなのか、恐竜時代の海にいたプレシオサウルスなのか?

メーカーが今のところ不明ですが、似た姿の遊具が複数確認されているので、どちらかの公園遊具メーカーの製品のようです。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

頭の形はアパトサウルスのような恐竜にも見えるし、恐竜時代の海で暴れていたプレシオサウルスみたいでもあります。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

首の部分は吊り橋になっている!

頭のところから坂を登り肩の部分に上がれます。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

背骨の部分はぶら下がって向こうにわたる雲梯(うんてい)になっています。

館長も子どものころは普通に雲梯が渡れたけど、体重が増えた今、チャレンジしたら途中で落下するかもしれない・・・。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

公園内に立派な竣工記念碑がありました。

坂田弁天公園を含むこのあたりは土地区画聖地事業で整備された街なんですね。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

説明によれば昭和63年(1988年)に事業が始まり、25年、97億かけて完成!とあります。地元のビッグプロジェクトだったんですね。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

坂田弁天公園の案内図。といっても見通しがきく公園なので案内図はなくても全体像は簡単にわかります。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

目指す恐竜遊具は”アスレチック複合遊具”と呼ばれていますね。

ちなみに恐竜の目線の先にあるサッカーボールを半分に切ったようなジャングルジムは”よじ登り遊具”という名前なんですね。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

頭からの入り口はこんな感じです。大人でも遊べそうです。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

肩の部分には広げた両手? 両ヒレ?からも登れます。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

手足の先っちょには爬虫類的な指みたいな形がついている・・・。凝った作りですね。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

肩と腰の部分の支柱はハシゴのようになっていて雲梯の高さまで登れます!


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

雲梯も平らでなくてアーチ型になっているので、生き物の背骨に見えます!


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

腰の部分から広げた後ろ足が出ています。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

しっぽはすべり台


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

頭からアスレチックにチャレンジすると、すべり台がゴールになります。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

子ども向けの注意書きだけど、ちっちゃな字でたくさん書きすぎでしょ・・・。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

サッカーボール半分のような遊具は「よじ登り遊具」、棒の上に円盤がついている遊具は「ステッピング」という名前らしい・・・。

「よじ登り遊具」、桶川市のHPでは「パラドームジム」と紹介されています。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

恐竜の目の前に「よじ登り遊具」


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

園内には健康増進用の器具のあるんです。


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

保育園とかもっと小さな子ども向きなのか、すご~く低いすべり台もありました!


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

広々とした公園に大きな木が何本も生えていて自然を感じることもできるところが良いですね!


坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

恐竜おもちゃの博物館的にも恐竜でもプレシオサウルスでもどちらでもいいかな?という感想でした。アスレチックとしてそんなに難しくないし、子どもが元気に遊ぶのに良い遊具ですね。


■ Googleストリートビューどこでもドア 


Googleストリートビュー(2022年2月)



■ このWebも参考にしました! 

参考リンク:マチカツ!桶川:桶川 弁天公園の魅力と坂田東部整備の歴史

・ ・ ・ ・ ・


【 追記 】
公園の名前に”弁天”とあるので、〇〇弁天という寺社でもあるのかな?と由来を桶川市役所の皆さんにお聞きしたところ・・・

「 昭和40年当時、周辺の環境は自然豊かな雑木林と高低差数メートル程の勾配が続く台地が形成されていました。この台地の法面下(法尻)に小さな池があったそうで、大きさは水域が10m×3mの楕円形、水深1m程。続く斜面下に広がる田んぼの用水として当時村で活用され、この池を「弁天下の池」という名称で管理されていました。(桶川市史第八巻自然地誌編 参照)

現在は区画整理事業によって区画が整備され、住宅地が増える中、地元住民で話し合い、慕われていた「弁天下の池」の名称を公園の名前としてあてた『坂田弁天公園』という公園名が決定したのが由来となっています。 」

埼玉県桶川市市街地整備課のみなさま、貴重な情報、ありがとうございました!

・ ・ ・ ・ ・

弁天の由来、昔の風景の記憶を後世に残そうと素敵な話があったのですね!!!

ここの複合遊具はアパトサウルスのような恐竜にも見えるし、プレシオサウルスのような首長竜にも見え、決め手はなかったのですが、今回の弁天公園の由来をお聞きして、「弁天下の池」ならば水から連想される龍や首長竜のイメージで選ばれた”プレシオサウルス”説が有力かも知れないですね。



恐竜なのか海の爬虫類なのか確証はありませんが、想像力を刺激していろいろな遊び方ができる大きな遊具でした。

これからも長生きしてほしいです。

館長
坂田弁天公園(埼玉県 桶川市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】 アパトサウルスのような首が長い恐竜、はたまたプレシオサウルス? 複合遊具に会いに行きました!

■ HP等:坂田弁天公園
■ 所在地:埼玉県桶川市坂田東2丁目13-1 坂田弁天公園
■ 緯度経度:36.01287911086575, 139.5752540517148
■ 交通:JR高崎線・桶川駅から2.3km
■ 恐竜像:首が長い恐竜イメージの複合遊具
■ Googleマップ:開く
■ ストリートビュー:開く
■ 坂田弁天公園まとめ:開く


■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■日本全国恐竜公園ガイド(全国版)
■日本全国恐竜公園ガイド(埼玉県)坂田弁天公園


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する