fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
広野町で発見されたヒロノリュウ、フタバリュウの化石が展示されているひろの未来館に行きました! 広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)
■ 広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】
 
「日本全国恐竜公園ガイド(福島県)」で紹介している「広野町文化交流施設 ひろの未来館」、広野町で発見されたヒロノリュウ、フタバリュウの化石が展示されているひろの未来館に行きました!


■ 広野町文化交流施設 ひろの未来館とは 

1976(昭和51)年に建てられた広野幼稚園が姿を変え、2022年4月16日に「広野町文化交流施設 ひろの未来館」として再スタート! 広野町からはヒロノリュウ(ハドロサウルス類)、フタバリュウ(ティラノサウルス類)の化石も発見されていて、町の埋蔵文化財や化石が展示され、その中にカマラサウルス頭骨など、恐竜化石もありますよ。


■ ひろの未来館、初訪問!!!

広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

福島県の広野町にはフタバスズキリュウが見つかった白亜紀の地層・双葉層が現れている場所があり、それらを知る古生物マニアが化石を探していると幸運にも凄い化石が見つかるんですね!

昭和61年、当時小学生だった渡辺俊夫さんが広野町折木北沢地内において、草食恐竜「ヒロノリュウ(ハドロサウルス類)」の歯の化石を発見しました。

その後、元横浜国立大学教授である長谷川善和先生のもと発掘調査が実施されました。調査において、同じ北沢地内から草食恐竜「ヒロノリュウ(ハドロサウルス類)」と肉食恐竜「フタバリュウ(ティラノサウルス類)」の左脛骨の化石が発見されました。

恐竜や古生物の化石が見つかった場所は、古生物ファンならワクワクする場所なんですが、全身の70%の骨が見つかったフタバスズキリュウ(学名:フタバサウルス・スズキイ)は有名でも、広野町のことはほとんど知られていません。

そんな広野町から見つかった化石や町が所蔵する古生物化石を見ることができるのが広野町文化交流施設 ひろの未来館。

ここはもともと広野幼稚園だった建物を活用して、広野町ゆかりの文化財を身近に見るもらうよう展示している学習施設です。

で、初めて来てみました。


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

かつて幼稚園だった建物。昔だったらここから入り上履きに履き替える感じかな?

入るとすぐにスタッフの皆さんがいる事務室があり、皆さん一斉に私を見てる! ん?

何か予約とか手続きがいるんだったのかな?


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

手続きなどは不要で誰でも見学できる施設でした。「化石が見たいんです」と伝えたら、未来館のパンフレットのほかにかわいいイラストの資料もくれました!


■ 文化財等展示資料室

広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

「文化財等展示資料室」というお堅い名前の部屋に自然史系の資料が展示されていました!


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

結構大きな標本も飾られていて、古生物化石に興味があれば楽しいですね。このあたりはレプリカかな?


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

エドモントサウルスのコーナー。


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

アロサウルスの足の骨の化石。展示品は触れることができるほどの近さなので、そばに寄って観察することができます!


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

エドモントサウルスのボーンベッドの標本。


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

部屋の真ん中で一番目立っているのが竜脚類カマラサウルスの標本。広野町が買ったそうです。これは実物化石なのかな?


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

頭骨は目立っていますが、カマラサウルスは竜脚類のなかでは小さめの恐竜ですが、それでも全長10mほどもある恐竜。なのに頭の大きさは現生の馬よりもずっと小さいので、体と頭の比率で言えばすっごくちっちゃい頭ですね。


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

裏側にはタルボサウルスの足の骨の化石が届いたときの箱に入った状態で展示されています。これも本物かな?


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

これも外国で産出された標本なので買ってきたのかな・・・。


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

大きくてなかなかの存在感です。


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

自然史コーナーの隣は一気に時代が現代に近くなり縄文や弥生時代の遺跡からの発掘品。

あれ? 広野町で発見された恐竜化石の展示はないのかな?


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

振り返るとショーケースに収められた化石たち。「ヒロノリュウ」のイラストもあるので、ここがお目当てのコーナーかな?


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

お手頃サイズの標本が並んでいますが、外国産・・・。買ったやつ?


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

ありました! 

これが本格調査で見つけられた同じ草食恐竜「ヒロノリュウ(ハドロサウルス類)」の歯と脊椎骨、肉食恐竜「フタバリュウ(ティラノサウルス類)」の左脛骨の化石ですね! やっと会えました!

でも運悪く、フタバリュウ左脛骨の化石は出張中で、写真だったけど・・・・。


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

展示パネルの中にチンタオサウルスの補修の様子も展示されていました。

ここに展示されている化石も良いのですが、350mしか離れていない広野町役場のロビーにはヒロノリュウと同じハドロサウルス類のチンタオサウルスの全身骨格が展示されています。

このチンタオサウルスは2011年の東日本震災で頭が落ちてしまい、なんとか復旧しようと、かつて広野町の学術調査で数々の化石を発見した長谷川善和さんが中心となってクラウドファンディング募金を実施。私もちょっと寄付し、多くの人の協力でチンタオサウルスが修理されて役場のロビーに勇姿が復活しました! 別の施設なんですが、すぐ近くなので後で行ってみますか・・・。


■ 広野町役場のロビーに展示されているチンタオサウルス

広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

久しぶりに広野町役場にも行ったのですが、なんと祝日の休庁日でロビーに入れなかった! あらら・・・。

チンタオサウルスにはまた今度の機会に会いに行きますね。


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

ちなみに広野町役場で再会したかったチンタオサウルスはこちら。前回訪問した時の写真を参考まで載せますね。
全国でも博物館や科学館でない役場のロビーにこんなに立派な恐竜の全身骨格があるのはここだけとか。


広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】
(広野町役場の写真は2019年撮影)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


ひろの未来館の館長さんがお話されていたのですが、広野町の街おこしも兼ねて町の文化財や所蔵する恐竜や古生物化石の展示施設を作る計画が以前からあったそうですが、町の財政的になかなか厳しく、町の人たちの生活に直結する介護施設などの建設が優先されるので、なかなか実現しなかった・・・。

旧・広野幼稚園の建物を利用する形でやっとひろの未来館が完成し、町が持っている資料を皆さんに見てもらうことができました。町の皆さんの協力と理解のもと、やっと完成した施設なんですね。東日本大震災では地震の直接の被害よりも放射能の恐れで大変な苦労をされた地域ですが、風光明媚なこの地に多くの人が訪れるきっかけの一つになるといいですね。

皆さんも福島県に来たらちょっと足を伸ばしてひろの未来館と広野町役場のチンタオサウルスに会ってくださいね。よろしくお願いします!

館長
広野町文化交流施設 ひろの未来館(福島県 広野町)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】 広野町で発見されたヒロノリュウ、フタバリュウの化石が展示されているひろの未来館に行きました!

■ HP等:広野町文化交流施設 ひろの未来館
■ 所在地:福島県双葉郡広野町下浅見川字築地73番地1
■ 緯度経度:37.21214469328396, 140.99482984190624
■ 交通:広野駅から500m
■ 電話:0240-27-2277
■ Googleマップ:開く
■ 広野町文化交流施設 ひろの未来館まとめ:開く


■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■日本全国恐竜公園ガイド(全国版)
■日本全国恐竜公園ガイド(福島県)広野町文化交流施設 ひろの未来館


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する