fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
閑静な住宅地にたたずむ1987年(昭和62年)生まれの昭和レトロな恐竜すべり台に会いに行きました! 薬師台青空公園(東京都 町田市)
■ 薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】
 
「日本全国恐竜公園ガイド(東京都)」で紹介している「薬師台青空公園」、閑静な住宅地にたたずむ1987年(昭和62年)生まれの昭和レトロな恐竜すべり台に会いに行きました!


■ 薬師台青空公園とは 

薬師台自治会館の前の薬師台青空公園に、口を大きく開けたステゴサウルス型の滑り台があります。この遊具も公園の定番ですが、手作りなので、公園によって微妙に違うみたい・・。薬師台青空公園は1987年(昭和62年)1月1日オープン、小田急電鉄による宅地開発で生まれ、完成後に町田市に提供された歴史がありました。ということなので、恐竜すべり台は1987年(昭和62年)生まれの昭和レトロな37歳。

町田市役所の皆さん、公園と像の情報ありがとうございました!


■ 小田急線の玉川学園駅からスタート!

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

薬師台青空公園にはレトロな恐竜すべり台があるので会いに行きたかったんです。やっとチャンスが来ました!

最寄駅の玉川学園前駅からスタート。ここから公園まで2.6kmなので最寄駅というほど近くはないんですが、私、会社勤めをしていた時は運動のため会社からの帰り、3km先の駅まで歩いてたので楽勝でしょう!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

・・・と思っていたのは駅を出るまで。スマホのナビに従って公園を目指しますが、なんだか高低差が凄い!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

車でも相当アクセル踏まないと登らなそうな急坂の連続!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

最初だけなら良いなぁの願いはかなわず、公園がある所までほぼほぼ高低差の連続で、バテました・・・。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

もうすぐ公園というあたりできれいでオシャレな戸建住宅が並ぶ薬師台に到着。ここは小田急電鉄が開発した高級住宅街で、街全体で緑化協定が結ばれているそう。何でも東京都の緑化協定第1号だそうです。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

協定のお陰で、家の周囲は芝生か生垣で街がオシャレで開放的。緑が多くお上品な街になってますね。

ルールに縛られるのは嫌だけど、みんなで足並み揃えて良い環境に育てるのは良いことですね。


■ 目指す公園が見えてきました!

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

そんな住宅街の一角に公園・・・・ここかな?


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

柵から中を覗いてみたらレトロな恐竜すべり台がいました! ここですね!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

そんなに大きな公園ではなさそうですが、傾斜地をならして公園を作ったようで、入り口に大きな段差があります。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

階段を登るとお目当ての恐竜すべり台!

ああ! これはおそらくできた頃の姿をとどめていますね。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

どうも階段のところには表札がないので裏口? 公園の正面に向かってみます。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

「薬師台青空公園」の正面に到着!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

風格がある正面入り口です。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

中は自然を生かした土の地面。恐竜すべり台があるのは奥で・・・・


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

写真の左側は一段下がった石畳の広場になっていました。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

そこから階段を上った所が遊具がある広場。


■ 昭和レトロな恐竜すべり台 やっと会えました!!!

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

昭和レトロな恐竜すべり台、会えましたね!

キレイに掃除されていますが、おそらく古い姿のまま。 いままで会った恐竜すべり台の中でも一番初期の姿が残っていると思います。大事にされていたのでしょう。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

大きさは長さ5m×幅2.8m×高さ2m。ボディーはコンクリート製で、手すりが鉄製です。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

よくぞ残っていてくれました!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

しっぽの部分に足を乗せる凹みがあって、鉄の手すりにつかまりながら背なかに登ります。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

真後ろから見ると、結構幅広くどっしりしていて、安定感があります!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

良く見るとボディーの一番外側のコンクリート(モルタル)が一部剥がれてしまっていますが、それ以外に割れや欠けは見られません!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

昭和レトロな恐竜遊具、各地で見かけるのですが、基本的なデザインは同じなのですが、細部の仕上がりが全然違う!

おそらく、鉄骨と金網+コンクリートである程度まで工場で作り、現地に運んでから表面に仕上げのモルタル(コンクリート+水+砂)を塗って、職人さんがコテで模様をつける・・・。なので、最後の仕上がりは職人さんによる表現の違いが出るのだと思います。

館長が見つけた各地の"昭和レトロな恐竜すべり台"たちはこちら → 【日本全国恐竜公園 まとめリンク】 昭和レトロな恐竜すべり台たち 昭和時代に日本全国に登場したコンクリート製の恐竜遊具


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

昭和レトロな恐竜すべり台のなかでも古くて、かつ、保存状態がよいものに出会えたので、記念撮影!


■ ほかの場所の兄弟たちとの違いを観察・・・

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

ずっと大きく口を開けてます!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

背中に登った子どもがすべり降りて口のトンネルから飛び出てきますよ!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

ヒフの模様や目の作りは他の場所の恐竜すべり台とは違いますね!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

コンクリート製なので、割れたり欠けたりすることも多いはずですが、ここの恐竜すべり台はよく保存されていますね!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

目には哀愁があるような・・・。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

手足の指先には爪があります。大きな爬虫類=恐竜っぽく見える理由ですね。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

左足の上だけ、モルタル表面仕上げがはがれ、下地のコンクリートが見えちゃっています。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

鉄の手すりもきっと昔のまま。最近は公園遊具の安全基準の強化で子どもが頭をはさむ危険性とかが理由で撤去されてしまったり、より安全なデザインに変更されたり・・・・。でもこれが本来の姿なんですね。

小田急沿線には小田急が開発した高級住宅地がいくつかありますが、ここもその一つ。街の作りも財政的にも余裕がありそうだから、長い間、近くの子どもたちに愛され、地域の皆さんから大事にされたことでしょう。この手の遊具では一番古い姿を残していますが、これからも長生きできそうです。

現在の薬師台青空公園には大きな木が植えられ木陰の中の公園になっていますが、公園ができたすぐの頃は苗木レベルの植栽なので青空が良く見えたのでは。歴史を重ねて現在の緑深い公園に成長したのでしょう。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

他に人もいなかったし、せっかくなので、背中に登ってみました。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

結構高いなぁ・・・。


■ いまさらながらの新発見!

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

背中に登ったら発見!

ボディーが一番高くなる背中部分の左右に小さなフックのような金具が埋め込まれています。今回初めて見つけました。

おそらくこの遊具を作る時に途中までは別の場所で作って、フックを使ってクレーンで吊り上げ、現在の場所に据え付けたんでしょう。

これもこの遊具が登場以来、変わっていない証拠かも知れないですね。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

ボディの左側にもフックを発見!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

ヒフのはげたところからボディ内部が見える! 内部と表面は二重構造になっていたんですね。


■ 公園の遊具たち・・・地域の守り神も・・・

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

公園には昭和レトロなブランコもあります。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

スプリング遊具は飛行機。ジャンボジェットかな?

最近の子どもたちはジャンボジェットって知らないですよね。操縦席とファーストクラス等良い席は一般の客席の上にある2階建てで、ほかの飛行機よりも格段に大きくて・・・高度成長期の象徴のような人気の飛行機でしたよね! 


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

昔のデザインのままのお砂場。犬猫除けのフェンスもフタもないのが珍しい・・・。恐竜すべり台同様、昔の姿を残していこう!という共通のルールがあるのでは・・・。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

水道もレトロでシンプルなデザイン・・・。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

注意書きも常識的ですね。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

「誰か・見てるぞ!」・・・???


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

視線を感じたら恐竜すべり台が見ていました!


■ 次へ移動は、バスに乗るか? 歩いて駅に戻るか?

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

公園のすぐ横に「やくし台センター」というバス停があり、ここが終点で、バスはここから駅に向かって折り返します。

道路の反対側に鶴川駅に向かうバス停があり、乗ろうかなぁと迷いましたが、次の公園に行くため玉川学園前駅に戻りたかったので、帰りも激しい高低差+2.6kmを歩くことにしたのですが、これが裏目に・・・。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

バスに乗るのはやめて、すごい高低差、2.6kmと知りながら玉川学園駅に向かって歩き出した・・・とたんに高低差。地球の重力を感じて、もう後悔・・・・。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

山あり谷あり・・・自分で選んだ道なのでくじけるな!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

途中にあった公園はまわりの道路とこんなに高い階段でつなぐほどの高低差。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

住宅街なのに一直線に山登りをしている感じで、全然前に進みません・・・。どうもこの日は朝から歩き通しで無理しすぎかな?


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

とどめの階段。地元の人はスタスタ歩いていたので負けずについて歩いたのですが、どんどん引き離されて・・・。 この後、館長は階段で立ち尽くした・・・。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

傾斜地に立っているアパート。傾斜がきつくて、建物自体が階段状になっている!


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

階段だってこんなに急斜面! いやこの場所、急すぎておかしいでしょ・・・。途中の石段でついに足が壊れました・・・。筋肉痛を通り越して筋を痛めちゃって、まともに歩けない。完全に泣きました。


薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

やっとのこと、よたよたの状態で目的の玉川学園駅に到着!

急勾配の高低差をいくつも乗り越え2.6km、やっとの思いで駅につきましたが、次の公園に行くことはまったく無理。ようやくたどり着いた玉川学園前駅から家に向かいました。こんなことだったらバスに乗ればよかった・・・。

恐竜公園探検を続けるなら山登りができるくらいの体力がないとダメだなぁ・・・鍛えないとと決意するのでした。


■ このWebも参考にしました! 

参考リンク:東京ロケハンNAVI 多摩地区 変わった遊具

参考リンク:町田市公園探訪:薬師台青空公園

・ ・ ・ ・ ・

薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

激しい高低差の往復もよい思い出に。薬師台青空公園の恐竜すべり台が元気なうちに会えてうれしかった!

昭和レトロな恐竜すべり台、これからもお元気で!

館長
薬師台青空公園(東京都 町田市)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】 閑静な住宅地にたたずむ1987年(昭和62年)生まれの昭和レトロな恐竜すべり台に会いに行きました!

■ HP等:薬師台青空公園
■ 所在地:東京都町田市薬師台2丁目20-5
■ 緯度経度:35.58038672572782, 139.4530460498955
■ 交通:小田急線・玉川学園前駅から2.6km
■ 恐竜像:昭和レトロな恐竜すべり台
■ Googleマップ:開く
■ ストリートビュー:開く
■ 薬師台青空公園まとめ:開く


■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■日本全国恐竜公園ガイド(全国版)
■日本全国恐竜公園ガイド(東京都)薬師台青空公園


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する