fc2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 "恐竜おもちゃの博物館" は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。
 最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!


最近の記事



カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です(恐竜倶楽部 No.431)
"恐竜おもちゃの博物館"は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開するバーチャル博物館として1998年に始まりました。最近は恐竜おもちゃよりも、恐竜文化の周辺情報に興味の中心が変わりつつありますが、恐竜が好きな皆さんと一緒にこれからも恐竜文化を楽しもうと思います!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
敷地内に児童相談所ができたことで恐竜たちがどうなったのか14年ぶりに確認に行きました! 子供の森公園(東京都 品川区)
■ 子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】
 
「日本全国恐竜公園ガイド(東京都)」で紹介している「子供の森公園」、敷地内に児童相談所ができたことで恐竜たちがどうなったのか14年ぶりに確認に行きました!


■ 子供の森公園 とは 

1970年3月25日オープン、品川区の子供の森公園には恐竜9体!なつかしいデザインの大きなトラコドン、アロサウルス、ブロントサウルス、ディプロドクスのほかディメトロドン、ステゴサウルス、かわいいアパトサウルスも。都心に近く、ロケにもよく使われています。2021年から建設が始まった児童相談所が完成。トラコドンが絶滅してしまった・・・。長い間お疲れ様でした!


■ 14年ぶりに品川区の子供の森公園に行ってみる!

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

京急の新馬場駅から徒歩で子供の森公園に向かいます。前の時もここから歩いて行ったなぁ・・・。2010年から14年ぶりの再訪問! 館長は元気になりましたよ!


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

公園の入り口に到着!

あれ? 前に来た時は門というかゲートというか現代芸術みたいなモニュメントがあったんですが・・・・。この場所じゃなかったのかな?


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

大きな公園には「〇〇公園」と名前が書かれた大きな表札や石碑のようなものがあることが多いのですが、ここにはない・・・と思ったら、縁石に黒い表札が・・・


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

「品川区立 子供の森公園」とありました!


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

公園の中を見ると、前に来た時よりも狭くて暗い?

隣に児童相談所の大きな建物ができ、前に来たときより公園がずいぶん狭くなってしまった印象です。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

もとは子供の森公園だった敷地にこんなに大きな児童相談所の建物が完成。本当に建ったんですね・・・。ということはこの場所にいた恐竜トラコドンは撤去されてしまったのかな?

恐竜の現在を確認していきましょう。


■ 小さなアパトサウルス

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

公園横の道路からすぐ見える場所にいるのが、かわいいアパトサウルス。この遊具は日東商事という会社が作っていた公園遊具の市販品です。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

前に来た時も元気でしたが、今回も呼び込み役をしていました。

多くの人が頭ナデナデするので、てっぺんがつるつるに!


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

小さなサイズの恐竜遊具ですが、斜め後ろから見たボリューム感がいいですね!

恐竜の奥には擬木というのでしょうか、コンクリートで作られた木の幹が並んでいます。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

公園が作られた時から年月が経ち、植えられた本物の木も擬木に追いつきそうに成長しているので、あえて擬木というのが今となってはちょっと違和感ありです。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

アパトサウルスが眺めているのは大きな恐竜・・・

訪問した日は近くの保育園の子どもたちがたくさん遊びに来ていて、大人気の公園でした! 写真撮れるかな???


■ ブロントサウルス

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

本物の木と木の間を通り抜けようとしているのは大きなブロントサウルス。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

巨大な胴体、長い首・・・かつてはブロントサウルスのような大型の竜脚類といえばこのスタイルが定番でした。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

足がずいぶん土に埋まってしまって・・・。ほかの像も同様なのですが、落ちてくる葉っぱなどで土が少しづつ増えて埋もれていくのか? 


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

最近の大型竜脚類の復元像では長い首からしっぽにかけてまっすぐ水平に伸びているスタイルが一般的ですが、かつては背中が大きなアーチ状になっているのが普通。館長世代が見ていた本の挿絵に描かれている大型恐竜はこんな感じだったなぁと懐かしくなります!


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

すごくしっぽが長くて、入り口から延びる橋の下にも続いていますね。

しっぽの先に黄色い頭が・・・


■ ディメトロドン

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

昔の恐竜公園には狭義の恐竜だけでなく、古生代の生き物も、翼竜も、マンモスなどの最近の哺乳類のまとめてラインナップし、地球の歴史に興味を持ってもらうお勉強施設の意味もあったんです。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

この子もずいぶん地面に埋まっていますね・・・。

後で話が出てくるので、この足の太さを覚えておいてくださいね。


■ ディプロドクス

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

ディメトロドンの後ろを歩いていたのはディプロドクス。

この公園を最初に紹介した時は、先に出てきたブロントサウルスとこのディプロドクスを「アパトサウルス2体」と紹介していたのですが、その後の調査で「ブロントサウルス」と「ディプロドクス」と修正しました。

最初に紹介した記事(2010年)はこちら→


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

この公園の古生物像を作った前田環境美術の作風研究により、ブロントサウルス、ディプロドクスの2種類だったことが判明。ブロントサウルスは当時知られていた恐竜の中で一番体が大きくて重い。歩くと雷のような地響きがしたため雷竜(ブロントサウルス)と呼ばれていた。一方ディプロドクスはブロントサウルスよりもずっとスリムで、細長いしっぽをムチのように振り回して武器にしていたと考えられていましたので、スリムなこの子はディプロドクスですね。

研究成果をまとめた記事(2023年)はこちら→


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

そういえば体全体の重量感もブロントサウルスと比べると一回りも二回りもスリムでしょ?


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

このディプロドクスをよく見ると、表面の塗装がはがれて内部の素材が見えますが、コンクリートなんです。

前田環境美術は公園の造作をコンクリートで作るのが得意な会社で、古生物像も鉄筋と金網で骨組みとコンクリートで土台を作り、表面をモルタル(コンクリート+砂+水)で仕上げる手法ですね。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

かつては「ディプロドクスの細くて長いしっぽをムチのように振り回して天敵と戦う武器にしていた。振り回したしっぽの先の速さは音速を超える強力な武器だった」という説明が本に載っていましたが、最近では、いくらなんでも無理でしょうと、この説は見られなくなりました。

ディプロドクスの右手には・・・


■ 2頭のステゴサウルス

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

訪問した日は近くの保育園の子どもたちがたくさん遊びに来ていました。この日はひとりの子どもが特にステゴサウルスを気に入ったようで、ずっと近くで遊んでる・・・。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

この公園にはステゴサウルスが2頭いるんですが、こちらは足が太いんです・・・


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

上の写真の中央に写っているのが足が太いステゴサウルス。もう1頭のステゴサウルスは・・・


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

あら? 交通事故にでもあって全身傷だらけ? 首もおなかの横も、いったいどうしたの?


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

この、もう1頭のステゴサウルスは足が細いんです。

足がすごく太いのと細いのと各々いるんです。同じ時期に作ったのに形が違うのは、何を表現しているのか?


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

もしかしたら雌雄の差なのかも知れませんね。

でも哺乳類なら雄(オス)が大きくて雌(メス)が小さいことが多いけど、恐竜の場合はどうなんでしょう。恐竜の場合に性別の違いで姿に違いがあったのか? 大きさが違った場合、雄と雌でどちらが大きかったのかなどは、まだまだ分かっていません。子供の森の恐竜たちが作られた時に性差を表しているのなら、それは作った職人さんの想像の世界ですね。

ステゴサウルスの奥にアロサウルスが見えてきました。


■ アロサウルス

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

前足の指が3本のアロサウルス。

ネット記事の中ではティラノサウルスと紹介されることもあり、館長も最初のレポートではティラノサウルスと紹介していました。

が、この公園が作られた当時の日本では、最強の肉食恐竜といえば、ティラノサウルスでなくアロサウルスの名をあげる人が多かったのです。

もちろんティラノサウルスという巨大な恐竜がいたことは当時の日本人も知っていたのですが、日本人になじみがあったのはアロサウルスなんですね。

かつて上野の国立科学博物館の旧本館(現在の日本館)の中央ホールにはハワイで活躍した日本人・小川勇吉さんが寄贈してくれたアロサウルス全身骨格が展示されていました。

これは日本で見られる恐竜全身骨格の第一号。一気にアロサウルスが人気ナンバーワン、最強の肉食恐竜として図鑑や雑誌にも登場したのでした。

なので、恐竜公園の肉食恐竜といえば古いものほどアロサウルスが多く、時代が後になるとティラノサウルスが作られるようになるんですね。

子供の森に恐竜像が作られたのは1970年(昭和45年)と、複数の古生物像が並ぶ恐竜公園の初期の作品なので、やはり肉食恐竜の代表としてはアロサウルスが選ばれたんですね。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

とは言っても、名前の説明版がない場合、外観で判断するしかなく、アロサウルスの場合、前足の大きさがティラノサウルス像ほど体全体に比べて小さくない、頭骨とくにアゴの骨がティラノサウルスの方が大きいなど違いはありますが、一番簡単に見分けられるのは前足の指が2本ならティラノサウルス、3本ならアロサウルスですね。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

アロサウルス、腕は指は結構ケガをしていますね。前田環境美術の恐竜像は鉄筋コンクリート製なので指などの細い部分は割れやすく、コンクリートが割れてしまうと中の鉄筋が表れてしまう。そうすると危ないので、早めの修理が必要ですね。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

お! アロサウルスの巻きしっぽを確認!


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

前田環境美術さんが作った恐竜は長いしっぽの先をくるっと丸めているのが特徴なんです! 時代的にも作品の姿も、この公園の恐竜たちは最初に登場した小さなアパトサウルスを除き、前田環境美術さんの作品でまちがいないですね!


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

アロサウルスのバックに映っているのは新築の児童相談所。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

アロサウルスの後ろに新たにフェンスが建てられ、その後ろは児童相談所の敷地になりました。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

児童相談所が建つ前は、アロサウルスの後ろも子供の森公園が拡がっていて、アロサウルスからかなり離れた所に、子供の森の最大の恐竜像「トラコドン」がいたんです!


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

それが、児童相談所が作られて・・・


■ 今は亡きトラコドン

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

子供の森公園で一番大きくて横の大きな道路からもよく見えていたトラコドン。残念ながら絶滅確定ですね。

長い間、ありがとうございました!


■ 2頭目のディメトロドン

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

子供の森の敷地に戻り、アロサウルスの右手にいるのが2頭目のディメトロドン。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

子どもたちがジワジワ近寄ってきますよ!


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

こちらもずいぶん地面に埋まっているのでわかりにくいのですが、もう1頭と比べると足が細いんです。これはステゴサウルスのように雌雄の差なのかもしれませんが、もしかしたら・・・。

ディメトロドンは肉食で、獲物として狙っていたのは同時代に生きていた植物食のエダフォサウルス。ディメトロドンとエダフォサウルスがペアで登場する公園もあるので、ここもディメトロ2頭でなく、追うものと追われるものの関係だったペアなのかも知れませんね。足の太さ以外には違いが見つけられないので、決め手がない・・・。


■ その他の遊具たち

公園内には古生物像のほかにもユニークな遊具がありました。

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

木材で組まれたターザンロープ


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

出発地点は大きな船のへさきみたい・・・。


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

バイキングの船?


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

公園の敷地の端にある石碑を発見!


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

「東海尋常高等小学校沿革」と書かれている・・・

いきなり細かい説明が書かれていて珍しい石碑だなぁと思ったら、これは裏側で・・・


子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

表に「東海尋常高等小学校之跡」と書かれていました。

なるほど、子供の森公園の場所には小学校の跡地だった! そんな歴史がある場所だったんですね。


■ Googleストリートビューどこでもドア 


Googleストリートビュー(2019年9月)

トラコドンが住んでいた場所。 印象的な入口ゲートもこちらにあったんだ! (2019年9月)



Googleストリートビュー(2023年9月)

児童相談所完成後の同じ場所 (2023年9月)


・ ・ ・ ・ ・

子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】

14年ぶりの再訪問。かつて9体いた恐竜うち8体の生存を確認、ここの公園の名物で一番大きな恐竜像だったトラコドンは残念ながら児童相談所の大きな建物に変身! 昭和レトロな恐竜像がまた1つ絶滅してしまいました・・・。

新発見は公園の一角の目立たない所に記念碑があり、かつての小学校の跡地だったことがわかりました。!

今も昔の子どもたちの声が響く場所で、近所の方々も古生物たちにも憩いの場となっていました。トラコドンはいなくなってしまったけど、生き延びた8体はこれからも大事にされそうです。


館長
子供の森公園(東京都 品川区)【恐竜公園・博物館・恐竜展の訪問記】 敷地内に児童相談所ができたことで恐竜たちがどうなったのか14年ぶりに確認に行きました!

■ HP等:子供の森公園
■ 所在地:東京都品川区北品川3-10-13
■ 緯度経度:35.61674379900235, 139.73808768142808
■ 交通:京急・新馬場駅から400m
■ 恐竜像:トラコドン、アロサウルス、ディメトロドン2頭、ステゴサウルス2頭、ブロントサウルス、ディプロドクス、こども恐竜(アパトサウルス )
■ Googleマップ:開く
■ ストリートビュー:開く
■ 子供の森公園まとめ:開く


■恐竜おもちゃの博物館 TOP
■日本全国恐竜公園ガイド(全国版)
■日本全国恐竜公園ガイド(東京都)子供の森公園


次はどの恐竜公園を偵察に行くのか? 皆さんのお近くにも恐竜公園や恐竜オブジェがあったら、館長のメールまでデジカメ写真と情報をください! 皆さんからの恐竜公園情報も待ってます! 公園の場所や名前も教えてくださいね。情報はこちらへ



関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する