FC2ブログ
[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | ブログ | サイトマップ ]
 館長の恐竜おもちゃ発掘記(ブログ)
恐竜おもちゃの博物館
恐竜倶楽部 No.431
 恐竜おもちゃの博物館は館長が趣味で集めた恐竜や古生物のおもちゃを公開しているバーチャル博物館です。館長の恐竜グッズコレクション倉庫は爆発寸前ですが、現在もまだまだ増加中。
 館長は日々、恐竜おもちゃの発掘(おもちゃ探し)をしています。ブログはほぼ毎日更新中。


最近の記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

恐竜おもちゃの博物館の館長です。

Author:恐竜おもちゃの博物館の館長です。
恐竜おもちゃが大好きでたくさん集めてます。今日も恐竜おもちゃを発見するため、全国あちらこちらで活動中 !!!



月別アーカイブ



ブログ内検索



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



FC2カウンター



ユーザータグ



恐竜おもちゃの博物館トップページへ
「恐竜おもちゃの博物館・本館」
ミクロラプトルの飛ぶ姿
2010年1月30日

 ミクロラプトルの飛ぶ姿を解明したという記事がでていました。

 ミクロラプトルは小型の羽毛恐竜の中でも特に変わっているのが足にも羽があったこと。手足4ヶ所に羽があったんですね。

 現在の鳥は腕が翼になっていますが、足には羽はついていない。となると、ミクロラプトルは空を飛ぶ時に足の羽をどう使ったかが問題になる訳です。

 腕の翼も足の翼も全部拡げて4枚の翼で飛んだのか? 腕の翼のすぐ後ろに足の翼をくっつけて大きな2枚の翼で飛んだのか? 足の翼は使わなかったのか? ・・・

 こういう時にどうやって調べるか? という時に日本では「コンピューターで解析しちゃおう」という方向に進むことが多いのでは?

 でも諸外国では「実物大模型を作って実験しちゃえば良い」という方向も多いような。アメリカのカンザス大学と中国の東北大学の研究チームが実物大模型を作って飛ばす実験をして、飛ぶ姿を研究したところ、4つの翼を大きく拡げてグライダーのように滑空した可能性が高いと分かった。3.33メートルの高さから滑空させたら最長24メートル飛んだとか。イベントとしても面白いし、分かりやすいですね。

 ミクロラプトルのおもちゃは恐竜おもちゃの博物館 展示室051号室の9でも紹介しています。空を飛ぶ姿の再現モデル、出ないかなぁ。
関連記事

テーマ:恐竜おもちゃの発掘記 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する